【時代の変化】引きこもりという生き方も悪くない説【ライフスタイル】

こんばんは。

としひこです。

今回のテーマですが、

「引きこもりという生き方も悪くない説」

でお話していこうと思います。

引きこもりというと一昔前までは、

・ニート

・怠け者

・陰湿

・根暗

などなど悪いイメージしかないと思います。

しかしながら、昨今では引きこもっていても人生を謳歌している人も増えてきているのでちょっとずつイメージが変化してきています。

引きこもりをベースとした生活もなかなか優秀だと思いましたので今回の記事でお話をしていきます。

1.引きこもり最強の理由とは?

私が引きこもり最強と思う理由は、

「全てにおいて効率的」

だからです。

仕事のシーンを切り取って考えてみましょう。

会社員の方はほとんどの場合、

・決まった時間までに出社

・移動手段は公共交通機関

・職場によって移動距離が違う

・退社時間は決まっているが残業もある

・残業時間によっては家に帰れない

・昼休みもない時がある

こんな感じです。

しかし、引きこもりながら自宅で仕事していると下記のように変化します。

・出社時間は決まっていない

・移動は必要ない

・職場は自宅か近所のカフェ

・退社時間も残業も自分で決められる

・自宅にいるので帰宅不可は絶対にない

・休憩時間は自由に決められる

こんな感じです。

どうでしょうか?

引きこもりも魅力的に見えてきませんか?

2.自分の目指すライフスタイルを実現するのが一番いい

都市, 人, 群衆, 市民, 市, ライフスタイル, 通り, 徒歩, 建物, イングランド, ヨーロッパ, 町

会社員と引きこもり在宅ワークの仕事比較をしてみましたが、

人によって意見は様々だと思います。

結論から言えば、

「その人が望むライフスタイルの実現が一番いい」

ということです。

通勤が好きな人もいるかもしれませんし、

自宅がいいひともいるかもしれません。

こればっかりは人それぞれの価値観の違いがあるので、なんとも言えませんが、

私の意見としては、

出勤という概念を無くした方が、時間をより効率的に使えるのでいいのではないかと思っています。

この考えから、

「引きこもり最強」

だという結論に至っています。

引きこもりと言っても、ずっと家にこもっている訳ではないです。

自宅で仕事以外にも映画鑑賞したり筋トレしたり。

いろんなことが自宅でも可能です。

今回の本質的な話をすると、

「いかに効率的な過ごし方をするか?」

ということが大切なのかなと思います。

毎日思考停止しながら通勤するよりも、

「なぜ通勤が必要なのか?」

という視点で考えるのも面白いと思います。