【継続のコツ】何事も続かない人へ送る、継続は〇〇すればできます!

こんばんは。

としひこです。

今回のテーマですが、

「何事も続かない人へ送る、継続は〇〇すればできます!」

です。

今も昔も、いろんなことで成功を掴んでいる人は共通していることがあります。

それは、

「できるまで継続してやっているということ」

です。

とはいえ、

できるまで継続することがそもそもできない人が多いと思います。

だからこそ、成功者と言われる人が少ないのだと思います。

努力という尺度はひとそれぞれですが、継続という尺度はみんな共通です。

共通の要素だからこそ、差がつくのだと思います。

そこで、継続するための秘密を今回はお伝えしていこうと思います。

1.継続するためすることは〇〇です!

結論から言いますと、

継続するためにすることは

「何事も一日も休まない」

ということです。

「は?それ当たり前じゃん!」

と思った方多いと思います。

しかし、

これが最大のコツなんです。

私もそうだったのですが、

「今週は頑張ったから、休日くらいブログ書くのやめて、また月曜日から書こう」

と思ったことがたくさんありました。

そういう時って、大体はブログを書くのが休んだ日から続かなくなります。

これは、人間の心理的なものです。

何かを途中でやめると、今まで継続してきた記録がリセットされてしまうので、

「まぁ、やらなくてもいいか」

という気持ちに自然となってしまいます。

逆に、1日も休まずに30日間継続できたらどうでしょうか?

「30日も続けたから、ここで諦めるわけにはいかない」

と意地になっても継続しようとします。

これは、長い記録を作ったら、それを維持したいという心理的な効果があります。

実際に私もこの効果を検証するために、とにかく30日間は意地でもブログを書き続けました。

そうしたら、現在106日も連続更新をしています。

今も継続中です。

2.継続したら見えてくる世界

掲示板, 付箋, ビジネス, キャリア, 起動します, 会社, 能力, コンセプト, 概念, 従業員, 雇用

今まで継続ができていなかった方は、継続がある程度できるようになると見えてくる世界があります。

それは、

「止めることが嫌になってくる」

とうい世界です。

これは、継続するために必須のことでして、

長く継続していると途中で止めることが嫌になります。

どんなに眠くても、疲れていても何かしら行動しようとするようになります。

継続できない人は、全てに完璧を求めていますが、

継続というのは少しの行動でもやり続けることが継続です。

ブログも、いつもは2000文字書いているけど、

今日はちょっと調子悪いから500文字にしよう。

とか。

これでも全然いいんです。

このような考え方でいいという世界がどんどん見えてくるようになります。

とにかくどんな些細な行動でも継続すると、人間は継続したと認識するので、

是非とも実践してみください。

みなさんのお役に立てることを祈っております。