【断食期間終わり】巷で話題のファスティング(断食)を試してみた(3日目)

こんばんは。

としひこです。

今回のテーマですが、前回に引き続きファスティング3日目の様子をお伝えします。

ファスティングを初めて実践して、3日目になりましたが、率直な感想は

「結構辛い」

ということです。

普段から不摂生しているせいか、食を制限するということはかなりの負担があるんだと感じました。

しかしながら、

やってみなければわからないことですし、何事もチャレンジなのでやってみてよかったなと思います。

それでは、体重の変化や体調などをシェアしていきたいと思います。

1.ファスティング3日目のデータ

ファスティング3日目のデータは下記の通りです。

体重→92.00kg

体脂肪率→29.0%

BMI→29.7

体重は順調に落ちています。

そのほかはあまり変化ないです。

ファスティングの最初のイメージは、

「極端に体重が落ちる」

というものでしたが、実際にやってみてそこまで急激なものではないという印象でした。

2.体調の変化など

人間の骨格, 人間の体, 解剖学, X 線, 人間の骨, ヘルスケア, 医学, 骨粗鬆症, 背中の痛み

とりあえずファスティング3日目の朝は起きた時に、頭痛がやはり酷かったので結構辛いものでした。

当初は1週間の断食期間を設けるつもりでしたが、頭痛が酷いとやめた方がいいとのことだったので、3日間の断食に変更しました。

体は全体的に軽い感じがします。

トイレについてですが、腸内に残ったカスがこれでもかと言わんばかりに出続けます。

ほぼ下痢なんですが、下痢のような辛さはないためデトックスされているんだと思います。

固形物を食べていないので、ほぼ水のような便がでるのが新しい体験です。

3.4日目以降の予定について

梅干し, 白梅干し, 土用干し, 日本, 伝統食, 和食, 自家製, 健康的, マクロビオティック

4日目からは、回復食という期間を開始します。

いろいろ調べましたが、回復食の朝1発目は「スッキリ大根」というレシピがいいとのことだったので、その買い出しに行きました。

昔は完全絶食だったので、お粥が回復食に適していたのですが、最近は酵素ドリンクなどで糖質も補っているため、お粥は逆効果になるそうです。

しっかりとした回復食を食べていかないと、せっかくの断食も無駄になってしまうので、今回は回復食を3日間続けたいと思っています。

いまは、空腹感がすごいので早く回復食を食べたい気持ちでいっぱいですw

それではまた明日レポートします。