【難易度高めです】副業でプログラミングをやる場合、どれくらいで稼げるようになるのか?

こんばんは。

としひこです。

今回ですが、

「副業でプログラミングをやる場合、どれくらいで稼げるようになるのか?」

をお話ししてきます。

昔よりも副業に取り組みたい人が増えているのですが、どんな副業があるのか知らない人も多くいます。

オススメの副業種類については前回記事で解説していますので、よかったらご覧ください。

前回記事URL↓

https://wp.me/padetM-hQ

今回は、プログラミングを副業にしていきたい人向けの記事になります。

多くの疑問は、「どれくらいで副業として稼げるようになるのか?」だと思いますので、この辺を重点的にお話ししていきます。

1.副業でプログラミングをやる場合の稼げるまでの期間

この章では、プログラミングを副業でやるとどれくらいの期間で稼げるようになるのかをお話しします。

結論から言うと、

「人によって差があるが、概ね3ヶ月~1年」

です。

プログラミングは学習する環境が昔よりもたくさんあるので、独学でも取り組みやすいのです。

しかしながら、その反面よくわからなくて挫折する人もいます。

学習時間でも変わってきますし、学習効率や学習のやり方でも案件を獲得できるレベルまでなるのに個人差がかなりあります。

案件も単発からプロジェクトレベルまで様々ですが、最初は単発のコーディング案件が理想です。

なぜなら、学んだことをそのまま行かせるからです。

プロジェクトだと大規模すぎて時間もかかるし初めての人には荷が重すぎるのでオススメしません。

ですが、そもそも案件を獲得すること自体が難易度高めです。

プログラミング需要が増えていると言いながらも、競合は多数います。

コーディング案件はかなりの競合がいますし、実績がある人にお願いしたい人が多いので、初心者は参入しにくい面もあります。

学習期間と案件獲得の期間を考慮すると、本当に稼げるようになるには、

「半年から1年単位」

で覚悟した方が良いと思います。

2.月に稼げる金額にはどれくらいなのか?

プログラマ, プログラミング, コード, 仕事, コンピュータ, インターネット, 技術, コーディング

副業で気になる一番の項目はやはり「稼げる金額」ではないでしょうか?

プログラミングで稼げる金額についてですが、あまりにも幅が広いので前提条件をつけます。

前提条件:初心者が稼げる金額

初心者が獲得できる案件はそんなに広くないので、だいたい相場が決まってきます。

ウェブサイト作成やコーディング案件。

ランディングページ作成なのではないでしょうか?

この辺の案件は単発が多いので、単発案件でどれくらい稼げるのかをお伝えします。

ズバリ、

「1件5000円~1万円」

ほどです。

これを少ないと見るか多いと見るかは人それぞれですが、作業時間がかかりすぎる人には安すぎるかもしれません。

1案件を2時間とかで終わらせられるなら、時給効率がすごく良くなります。

しかしながら、1日~2日もかかってしまうと、普通のアルバイトの方が良いレベルの稼ぎになってしまうので注意が必要です。

とはいえ、初心者は実績の積み重ねが必要な期間でもあるので、稼ぎよりも案件で実績を作ることに注力するのもいいと思います。

実績ができてくれば、大型案件や継続案件も獲得しやすくなるので、自然と単価も上がってきます。

この辺は人によって考え方が変わってきますが、単発で定期的に稼ぐなら月に10件くらいの受注を目標にすると良い副業になるのではないかと思います。