【会社員必見】副業で稼いだときに必要な税金の知識について解説します。

こんばんは。

としひこです。

今回ですが、

「副業で稼いだときに必要な税金の知識について解説します」

と言う感じで進めていきたいと思います。

副業を始めたい人は会社員の方でかなり多くいると思います。

しかしながら、稼げるようになったら税金とか大丈夫なのか?

会社にバレないのか?

などが心配になって行動できない人もいるようでした。

そこで、副業を取り組む方の不安が少しでもなくなるように今回の記事で税金についてお伝えしようと思います。

この記事を読むことで、

・会社員が副業で稼ぐときに必要な税金の知識が身につく

・いくら稼ぐと確定申告が必要なのかがわかるようになる

と言うメリットがあります。

1.会社員が副業で稼ぐときに必要な税金の知識

最初に必要になってくるのが、「副業で必要な税金の知識」です。

収入と所得という言葉を聞いたことがあると思いますが、違いはわかりますでしょうか?

収入:仕事で手に入れたトータルの金額

所得:収入からマイナス部分(経費やその仕事に必要なツール機材などの費用)を差し引いて残った金額

このような違いがあります。

また、パートやアルバイト仕事とクラウドソーシングや内職仕事で税金の扱いが違ってきます。

会社員が副業をする場合、

パートやアルバイト:年間収入が20万円以下の場合は確定申告が不要となる

クラウドソーシングや内職:年間所得が20万円以下の場合は確定申告が不要となる

このような違いがあります。

収入と所得ではかなりの差がありますので、副業で仕事を選ぶ際は十分注意しましょう。

そして、この「年間20万円」という言葉が税金のキーワードになっているのでしっかりと覚えておきましょう。

2.いくら稼ぐと確定申告が必要になるのか?

所得税, 電卓, 会計, 金融, 書類, 税, ファイナンス, 税金, 計算, 経済, 計画, 収入, 投資

ここからが一番重要で気になるパートになります。

果たして、副業でいくら稼ぐと確定申告になるのでしょうか?

この疑問にお答えしていこうと思います。

【パートやアルバイトの場合】

これは単純に副業で取り組む場合は、年間収入が20万円を超えると確定申告が必要になってきます。

そのため、月給10万円のアルバイトをしていたら2ヶ月で確定申告対象となります。

【クラウドソーシングや内職の場合】

これらの仕事を副業でやる場合は、年間所得が20万円を超えると確定申告が必要になってきます。

所得なので、仕事に必要な経費を差し引くことができるので、収入が100万円あったとしても、経費が85万円かかっているなら差し引き所得は15万円となりますので確定申告が不要となります。

【上記二つを副業でやっている場合】

この場合は、クラウドソーシングや内職の場合と同じで、年間所得が20万円を超える場合は確定申告が必要になってきます。

例えば、アルバイトで年間100万円稼いだとします。それ以外のクラウドソーシングや内職でなかなか稼げず経費が年間85万円かかっていたら、差し引き15万円の所得になるので確定申告は不要となります。

3.まとめ

税金, 税理士事務所, 納税申告, フォーム, 所得税の申告, 所得税, 富, 金融, 脱税, お金, 会計

会社員に人が副業で仕事を始めるときには、やる仕事の内容によって収入の種類が違うために確定申告をする条件ち違いがありました。

実際に副業をしている場合はすごく重要なことなので、自分の仕事をしている収入の種類を十分に認識しておくようにしましょう。

もし確定申告が必要になってきましたら、オススメのツールがありますので紹介したいと思います。

そのオススメのツールがこちらです!

確定申告ソフト free

HPhttps://www.freee.co.jp/

こちらは、無料でお試しができるのですごく便利です。

確定申告をすること以外にも独立開業する場合もこのツールが役立ちますので、ぜひ一度みてください。

副業を頑張って取り組む方々に少しでもお役に立てたら幸いです。