【自己紹介】私の過去から今までを赤裸々に紹介します。

こんばんは。

としひこです。

今回ですが、よくよく考えたら自己紹介していなかったと思うので

しっかりとしようと思い、今回から自己紹介の記事をいくつか書いていきます。

よろしくお願いします。

自己紹介しないと、

「お前は何者だ?」

と何かと思うところがあると思いますので、しっかりと自己紹介をさせていただきます。

1.私の人生の詳細をお伝えします。

私は青森県青森市で生まれました。

そして、親の都合で1歳の時に埼玉県上尾市というところに引っ越すこととなります。

私はかなりのビンボーな家庭環境で育ちました。

どれくらいビンボーなのかと言いますと。。。

「今日のお昼に何を食べようかなー?」

「うーん。何があったか見てみよう!」

と、こんな感じで悩むんですが、

選択肢はというと、、、

「パン耳」か

「小麦粉で作ったよくわからない物」

だけでした。

このような食べ物しかなかったので、栄養が偏ってしまい、よく体調崩していた記憶があります。

もちろんお金がないので、病気になっても病院には行けずに、気合いで治してました(笑)

しかしながら、気合いでは治らない「慢性腎不全」という大病が9歳の頃に発病しました。

これはお金が無いとかどうとかいうレベルではなく、生命にかかわるため即入院となりました。

この時ばかりは両親に多大な迷惑をかけましたよ^^;

ご想像の通り、あまりお金はかけられない生活をしていました。

その時は、食べ物があるだけまだいいかなって感じで思ってましたが、大きくなるにつれて、他の家庭が見えてくるようになり、だんだん違和感を感じるようになりました。

そんな感じで、幼少期を過ぎ、小学生になった時にもビンボーエピソードがあります。

まず、小学生になったら、絵の具セットや習字セット、鍵盤ハーモニカ、リコーダーなどなど。

新しく購入して使うものが多いですよね?

これ、私の場合は、ビンボー過ぎて購入出来なかったんですよ(笑)

ではどうしたのか?

めっちゃ古い昔の物を近所の方から譲り受けて使用しておりました。

凄くありがたかったのですが、みんなの鍵盤ハーモニカや絵の具セットと、見た目も種類もまったく違うもので、「なんで牛島くんだけ道具が違うの?」と言われることが多くなりました。

かなり嫌な気持ちになりました。

周囲の友達の目がこの頃からものすごく気になるようになりました。

この先の中学生、高校生も同じでしたよ(笑)

また、ゲームが大好きな私ですが、安いゲーム(インベーダーみたいなソフトがはいっているだけのゲーム機)を誕生日にしか買ってもらえませんでした。

中学生になってからは、なんとかプレイステーションなどのゲーム機を購入してもらえるようになったのですが、生活費を捻出するために誕生日に買ってもらったはずのゲーム機をゲオなどで売ってました(笑)

最短で1ヶ月で中古に出してましたよ(笑)

だから、買ったはいいけどゲームはほとんど楽しめませんでした^^;

2.ようやく社会人で立ち直れると思った時のこと。

日本の秋, 青空, 風景, 雲, 日本, スカイブルー, 自然, 秋の始まり, 日差し, 八甲田, 青森県

そして、なんとか踏ん張って社会人になり、一応大企業と言われるところにも就職できたのですが、初任給をもらった次の月。5月のゴールデンウィーク。

ルンルンで帰省した時に発覚した事実があります。

親の借金(100万円)

高校生の時の奨学金(約70万円)

高校生になるための準備金(約20万円)

これらが全て未払いで、連帯保証人が私になっていました。

衝撃でした。

だって、連帯保証人になった記憶なかったので(笑)

いまだから笑えますが、当時は笑い事ではなかったです。

新社会人にして早くも約200万円の借金返済生活が始まったのです。

この日から、「昔のようなビンボー生活」が再スタートしたのです。

さらに、追い打ちをかけるように両親が亡くなり、私は全てを失った感覚になりました。

この時ばかりは、人生に「サヨナラ」しようとしましたね。

といった感じで、自分自身の人生を歩む上でビンボーから関連する人間関係およびお金に悩まされ続けてきました。

時には、自分の命すら粗末にしようとしました。

しかしながら、心に変化がありました。

「自分が辛い経験をした分、未来が長い子供たちに同じ思いをさせたくない。」

だから、その両親である大人の手助けをしたい。

また、子供の頃から悩んでいて大人になっても解決されない、相談できない方々を救いたい。

こういう理由から、会社員でもそのほかの収入はあった方がいいと思い、活動を続けています。

私はみなさんに、

「毎日を少しだけ楽しむコツ」

をプレゼントしたいと考えています。

明日からは、「借金有り、人間不信、人生最悪、3重の悩みを抱えたあなたの背中を押してくれる存在の作り方」をお伝えします。

具体的な事例などを交えながらお話ししていきたいと思います。

「人間は弱い生き物。だから強くなれる。」

本日はこの辺で。