【引越し】退去費用って払わないといけないの?退去に関する疑問を解決!【トラブル】

スポンサーリンク
雑談

こんばんは。

としひこです。

今回のテーマですが、

「退去費用って払わないといけないの?退去に関する疑問を解決!」

です。

年末も近づいてくる今日この頃。

新しい年になることを考えて引越しをする人も多いのではないでしょうか?

実は私も引越しを検討している状況で、今回退去費用について疑問があったので色々とリサーチしました。

そこで、リサーチしたり体験した内容をみなさんにシェアしようと思います。

1.引越し時の退去費用を払わないようにするには?

引越ししようと思っているけど、

退去費用とかってよくわからないのよね。

としひこ
としひこ

退去費用とかって難しいですよね。

実は私も今回引越しを検討してるので

色々と調べていますよ!

あら!そうなのね。

是非とも教えて欲しいわ!

としひこ
としひこ

わかりました!

私が解説しますね!

それではどうぞ。

✅退去費用発生の仕組み

退去費用は住んでいた住居を次の人に貸すために必要な補修などに使用されるものです。長年住んでいるとどうしても発生してしまう経年劣化などもありますが、壁紙の汚れや剥がれ、壁の凹みなど様々なものがあります。

基本的に故意的な過失で損傷されることは稀なので、ほとんどないと思いますが、そうだとしても補修するために費用が必要です。

✅退去費用の支払いが発生しない条件

退去費用の支払いが発生しない条件は下記の通りです。

補修ー敷金=退去費用

になります。

なので、敷金を支払っている賃貸物件にいる場合は、補修費用が敷金の範囲内であると退去費用は発生しません。

しかしながら、敷金を超えるほどの補修費用が発生している場合には敷金があったとしても退去費用が発生する場合があります。

2.原状回復とは何か?

トラック, ホワイト, 車両, 交通, 運賃, トランスポート, 白いバン, 配信, バン, トレーラー

✅原状回復ってなに?

原状回復という定義は「入居時の状態に戻すこと」です。

入居時の状態よりも劣化しいているのが当たり前なので、原状回復は必要です。

✅どこまでが原状回復なの?

原状回復が必要とはいえ、「入居時の状態に戻す」というのは実際にどうなのか調べました。

結論は、「入居時の状態にまで戻す必要はない」ということです。

現実的に、普通に生活していても色々な環境変化により経年劣化があります。

これを貸主が借主に請求するのはおかしいといえます。

✅原状回復トラブルに注意

原状回復費用だと言って、高額の費用を請求してくる貸主もいるとの頃です。

本来必要のないレベルまで補修費用を支払わせて、ほぼ新品にしようとする人もいるくらいです。

借主が支払う範囲は、新品ではなくあくまでも原状回復であることを忘れてはいけません。

3.丁寧に住むことが退去費用を払わないコツ

移動ボックス, 発動機, 移動, キャリー, リフト, 徒歩, パッケージ, トランスポート, 移転, 貨物

✅新居に入ったら意識すること

新居に来たらまず意識することは、「なるべく損傷させない工夫」をすることです。

例えば、壁に穴は開けないようにするとか、フローリングで使う椅子やテーブルの脚にはプロテクターをつけるとか。

日常生活で損傷してしまいがちな部分でもしっかりと意識することで、退去費用がかからない工夫ができます。

✅大切にものを扱うことが一番

これが最も大切なことですが、「ものを大切に扱う」という意識です。

どんなことでもそうですが、イラついて壁を殴ったり、ものを破壊したりすることは何の得にもならないので、日頃から意識することが大切です。

タイトルとURLをコピーしました