【何すればいいのか?】引越しの時の準備や手順について解説します!

スポンサーリンク
雑談

こんばんは。

としひこです。

今回のテーマですが、

「引越しの時の準備や手順について解説します!」

です。

私はまさに引越しをしようとしている最中でして、引越しに必要なことをリアルタイムで調べています。

引越しするにあたり、やることがすごく多いです。

独り身の方であれば自分だけのことで済むのですが、それでもやることが多くあります。

ファミリーとなると子供のことも手続きがたくさんあったりと非常に大変です。

そこで、私が引越しについて調べたことをみなさんにシェアすることで、これから引越しを考えている方への参考になればと思います。

1.引越し予定の2ヶ月〜1ヶ月前にやること

✅引越し先の物件探し

何と言ってもここが一番大切です。

引越し先の物件を慎重に選びます。

駅からどれくらいあるのか?

小学校は近いのか?

周辺環境は問題ないか?

ゴミの取り扱いはどうなっているか?

などなど。

物件以外にも確認した方がいいことはたくさんあります。

✅住んでいる物件の賃貸契約解除

住む場所を決めたら一番大切なのは、旧物件の解約手続きです。

ほとんどの場合、1ヶ月前から2ヶ月前の告知が必要なので早めに行いましょう。

✅引越し業者へ見積もり依頼

引越しをスムーズにするために、見積もり依頼をしておきましょう。

かかる費用や引越しできる日程などを決めるのに役立ちます。

✅転校手続き

小学生の子供さんがいる方は、転校手続きがあります。

学校によって必要書類が若干違ったりしますので、しっかりと確認しましょう。

✅インターネットの手続き

インターネットの契約解除と引越しの手続きをしましょう。

引越し先で利用可能になるまで、工事などが発生すると1ヶ月ほどかかる場合があります。

2.引越し予定の2週間〜1週間前にやること

ノートブック, ペン, ブラック, 書きます, 読む, 著者, 詩人, メモ, 仕事, 作, 学校, コース

✅転出届の提出手続き

役所にて今住んでいる場所の転出手続きを行う必要があります。

同じ都道府県内での引越しの場合は、引越し当日に転居届だけで大丈夫です。

✅印鑑登録の廃止手続き

他の都道府県に引っ越す場合は、印鑑登録が向こうになるため廃止手続きを忘れずに行いましょう。

場所によっては、転出届と同時に自動で廃止になるところもあります。

✅児童手当関係の手続き

児童扶養手当など、都道府県独自の助成金関係は他の都道府県に引っ越す場合は手続きが必要になります。

今の住所の役所で廃止手続きをし、引越し先で申請をしてください。

✅電気やガス、水道などの手続き

公共料金関係の手続きをしておきます。

いつ引っ越すのか伝えて、引越し当日の立ち合い日などを調整します。

✅郵便物の転送手続き

今の住所から新しい住所へ郵便物が転送されるように手続きをしておきましょう。

これをすることで、新しい住所へ郵便物が全て転送されます。

✅固定電話の変更手続き

固定電話がある場合は、引越しの手続きを忘れずに行いましょう。

場合によっては工事があるので、そこも確認しておきましょう。

✅NHK受信料の変更手続き

受信料を払っている方は、インターネットで住所変更手続きをしておきましょう。

忘れると、集金の人が新しい住所の家に集金に来る場合があります。

3.引越しの当日にやること

大きい家, 住宅, 家, アーキテクチャ, 近代的な, 豪華な, 住居, 現代, 建設, 高価な, 高級します

✅電気やガス、水道などの立ち合い

住んでいた家の電気やガス、水道の停止立ち合いをします。

立ち合いができないと別途対応が発生するので、注意しましょう。

✅賃貸契約解除した物件の立ち合い

住んでいた物件の最終立ち合いです。

これは、原状回復費用などに関わってくるので、大家さんとしっかり確認をしていきましょう。

✅引越し業者の対応

いよいよ新居へ引越しです。

引越し業者が到着したら、荷物出しの対応や持ち出すものを的確に指示しましょう。

4.引越しの翌日以降にやること

自然, 山, スイス, 風景, 高山, 家, 赤, スイス アルプス, 建物, ティチーノ州, 古い家

✅転入届などの提出手続き

新しい住所のある役所で転入手続きをしましょう。

速やかに行う必要があるので、概ね一週間いないで行いましょう。

✅印鑑登録の手続き

新しい住所の役所で印鑑登録手続きをしましょう。

✅運転免許証の変更手続き

新しい住所の手続きが終わったら、警察署にて運転免許証の住所変更手続きをしましょう。

✅児童手当関係の手続き

新しい住所の役所で児童扶養手当などの申請をしましょう。

これも速やかに行う必要があるので、忘れに行いましょう。

✅転入学届の提出手続き

学校の転入届を小学校などで行います。

これも速やかに行う必要があるので、しっかりと行いましょう。

✅銀行やクレジットカードなどの変更手続き

意外と忘れがちなのが、銀行やクレジットカードの住所変更です。

これも忘れないようにやっておきましょう。

後々面倒になるので。

✅その他必要な手続き

その他必要な手続きは人によって変わってきますので、事前に確認しておくと忘れずに済みます。

タイトルとURLをコピーしました