【IT系】コーディング初心者が仕事受けれるようになるまで独学する方法について教えます!【フリーランス】

スポンサーリンク
プログラミング

こんばんは。

としひこです。

今回のテーマですが、

「コーディング初心者が仕事受けれるようになるまで独学する方法について教えます!」

です。

一般的にプログラミングというと聞いたことある方が多いかもしれませんが、今回お話しするのは「コーディング」についてです。

実は、プログラミングとコーディングはちょっと違うものです。

そして、初心者からプログラミングを学習するのはなかなかハードルが高いので、コーディングをお伝えしようと思います。

1.無料のプログラミング学習サイトで学ぶ

✅Progate(プロゲート)

私が最初にオススメするのは「Progate(プロゲート)」というプログラミング学習サイトです。

ウェブ制作やコーディングに必要な言語の基礎を勉強したり、システムの開発に必要なプログラミング言語などを学ぶことができます。

私は最初に無料の範囲でHTMLとCSSの基礎を学びました。

正直この二つの言語を学ぶだけでも立派なウェブサイトが作成できます。

しかしながら、いきなり実践は辛いのと思いますので、有料版の利用をすることをお勧めします。

月額960円ほどで始められることと、いつでも有料課金を止めることができます。

有料版の何がいいかと言いますと、実際に仕様書を見ながらサイト制作をする課題などがあるところです。

勉強だけだと身につかない部分を実践形式で学ぶにはすごく良いコンテンツです。

無料版で物足りなくなってきたり、実践的な学習をしたい方は有料版をお勧めします。

ProgateのURLはこちら↓

https://prog-8.com

✅ドットインストール

Progateを学習した後は、ドットインストールでの再確認がオススメです。

この学習サイトは、ものすごい数の短編動画でプログラミングについてわかりやすく解説しています。

なぜ最初の学習にオススメしないかと言いますと、プログラミングなどの勉強は手を動かしながらでないと身につきにくいからです。

このサイトの使い方は、動画を見る→動画を見るの繰り返しになってしまう人が多いです。

これでは、頭で覚えてても手が動きません。

ドットインストールの動画を見ながら実践形式で勉強の工夫をできる人は最初からでもいいと思います。

ドットインストールのURLはこちら↓

https://dotinstall.com/

2.実際に存在しているサイトの模写をする

ノートブック, 仕事, 女の子, コンピュータ, 女性, ビジネス, 作業スペース, オフィス, タッチパッド

✅模写とは?

模写というものは、「検索エンジンなどで実際に出てくるウェブサイトを見ながら、コードを書いて真似すること」です。

難易度が高いサイトや模写しやすいサイトなど様々あります。

✅模写にオススメのサイト

はじめての模写にオススメのサイトは、構造が簡単で1ページ構成のサイトです。

動きがあるサイトや特殊な効果があるサイトは、HTMLとCSSだけでは、模写できないため完全な練習になりません。

個人的には、このサイトが模写しやすいかなと思います。

http://pas-pol.jp/

このサイトを、真似て練習することで実践的な実力がついてきます。

✅模写が出来ればコーディングは問題なし!

模写ができてしまえば、おそらくは世の中にあるコーディングの仕事の5割はできると言っても過言ではありません。

しかしながら、どうしても分からないのとが発生した場合は成長のチャンスなので、ひたすら調べたりココナラなどのサイトで先人たちに教えてもらうのも手です。

3.実際に仕事を受けてみる

オフィス, ビジネス, 同僚, 会議, コンピューター, ノート パソコン, 書類, 紙, 鉛筆, ノート

✅アウトソーシングサイトで探す

仕事探しの一つとしてアウトソーシングサイトがあります。

要するに外注する個人や法人と仕事をやりたい人をマッチングさせるサイトです。

大手だと、

・クラウドワークス

・ランサーズ

などがあります。

登録は無料なので登録すると、実際に仕事を選ぶことができます。

コーディング案件はかなりの数依頼があるので、自分がやりたい仕事を選んで応募してみましょう。

✅自分に出来そうかどうかよりもやることを優先する

仕事を探す際に、「自分ができるかどうか」を優先して探す人が多いと思います。

しかしながら、初心者ができそうな仕事を探そうとすると、仕事を選ぶ幅が狭くなったり単価が低かったりします。

また、初心者だということがわかった途端に、低い単価で無理難題をふっかけてくる人も中にはいます。

こういう目に合わないためにも、初心者であることを前面に出すよりも「自分がやってみたい仕事」を選ぶ基準にしたほうがいいと思います。

✅仕事を受注する確率が上がる方法

仕事に応募してみて最初にわかることがあります。

それは、

「なかなか仕事が決まらない」

ということです。

決まらない理由は、応募している他の人ほうが選ぶメリットがあると判断されているからです。

そこで、初心者が仕事を受注しやすくする方法をいくつか教えます。

初心者が玄人と戦うために必要なものは、

・初回の仕事単価を下げる

・アフターフォローなどのおまけを充実させる

・依頼者に見せることができるアピールサイトを作っておく

・依頼者の仕事を請け負う前に自分でやってみて、それをそのまま提案する

などがあります。

要は、スキルで勝てないなら他で勝つしかないということです。

他社と差をつけることができれば仕事の受注率も上がります。

試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました