【SEO対策-初級編】SEO対策の基本とやるべきことをお伝えします

スポンサーリンク
SEO

SEO対策が重要って聞くけど、何をしたらいいのかわからない。

どんな対策があるのか知りたいし、どんなことをやればランキング上位表示されるのか教えてほしい。

こんばんは。

としひこです。

今回はこのような疑問にお答えしていきます。

この記事「SEO対策の基本とやるべきことをお伝えします」を読むことで、

1.SEO対策の基本がわかるようになる

2.今と昔のSEO対策の違いについて

3.SEO対策を身につけるために実践すること

以上の3つがわかるようになります。

なぜなら、「SEO対策の基本を初級者向け」にお伝えするからです。

この記事を見ていただき、SEO対策の入り口をしっかりと確認していきましょう!

SEO対策の基本がわかるようになる

SEOについてそもそも知らない場合が多いと思いますので解説します。

SEOと言うのは簡単に説明すると、

「検索キーワードで検索したときに、検索結果が上位表示されるようにする技術」

のことを指します。

一般的には、「検索エンジン最適化( Search Engine Optimization)」と言います。

どうしてSEOが必要なのか?

結論から言うと、「自分のサイトが上位に表示されることで収入が劇的に増えるから」です。

あまり知らないかもしれませんが、検索順員が一つ下がるだけでもかなりの収益源に直結すると言われています。

検索している時をイメージしてもらうとわかると思うのですが、検索結果の一番上から見ようとしませんか?

次のページまで見ることってほとんどないと思います。

つまり、SEO対策をしないと上位表示されにくくなるので、誰にも見てもらえないサイトになる可能性が出てくると言うことです。

誰もみてないのに、サイトで売り上げが立つわけありませんよね?

このような理由からSEOが必要ということになっています。

今と昔のSEO対策の違いについて

一昔前はSEO対策がある程簡単でグレーだった

一昔前のSEO対策は、

・文字数が多ければいい

・ページ数が多ければいい

・たくさんのリンク付けされているといい

などサイトの中身ではなく、機械的な対策で上位表示できる時代でした。

そのため、検索しても上位検索結果に意味不明な文字の羅列されたサイトが表示されたり、広告しか載っていないサイトなどもありました。

昔はこれでも稼げていたのです。

ちなみにこのようなSEOを「ブラックハットSEO」と呼んでいました。

ブラックハットと言うのは「悪意を持った手法を使うこと」さしており、これにSEO対策を掛け合わせた造語で「ブラックハットSEO」と呼ばれています。

ペンギンアップデートで大きく左右された

2015年に検索アルゴリズムで大きな変化がありました。

これが俗に言う「ペンギンアップデート」と言われるものです。

これまでは、不正なSEO対策されたサイトが上位に表示されていましたが、このアップデートをきっかけに一気に減りました。

検索結果で上位表示されるサイトは「良質なサイト」が出てくるようになったんです。

今でも定期的にGoogleがペンギンアップデートをしているので、検索アルゴリズムはかなりの精度になってきました。

本当に価値のあるサイトじゃないと上位表示されません。

しかしながら、今でもブラックハットSEOを駆使したサイトは残っているのが現状です。

SEO対策を身につけるために実践すること

初心者が一番最初にするべきことは、SEOに対する知識をつけることです。

本でもいいですし、インターネットからでも大丈夫です。

基本的なことがわかってくるとどんどんと知識が実践形式で身につくのでおすすめです。

次に、SEOには「内部対策」と「外部対策」と言うものがあるので、これについて解説します。

内部SEO対策について

SEO対策には種類があります。

内部SEOと言うものがあって、下記のサイトで詳しく解説されてるので確認してください。

https://seopack.jp/internal-seo/

外部SEO対策について

SEO対策にうち外部SEO対策について説明します。

外部対策というものは一般的には、被リンクの数と質で効果が変わってきます。

詳しい内容は下記のサイトを参照してください。

https://wacul-ai.com/blog/seo/external-seo/seo-outer/

ここまで理解するだけでも、SEOについて知識がついたと思います。

しかしながら、SEOの世界は奥が深いので今後もレベルアップした内容を発信していきます。

タイトルとURLをコピーしました