【信じるor信じない】占いは信じていいのか?経験者が語る真実。

占い
スポンサーリンク

最近占いにハマっています。

友達に話をすると「お前馬鹿じゃない?騙されてるよw」と言われてしまいます。

私は占いを嘘だとは思えないのですが、現実問題騙されているだけなのでしょうか?

こんばんは。

としひこです。

今回はこのような疑問にお答えしていこうと思います。

この記事を読んでいただくことで、

1.占いの種類について

2.占いを信じるor信じない

3.占いをうまく活用する

の3つを知ることができます。

私は最近占いに興味を持っていろいろ調べています。

自分でも実践するなどしています。

占いを信じる人も信じない人も、この記事を読んでいただくことで、占いとの付き合い方についてわかっていただけるようになれば幸いです。

スポンサーリンク

占いの種類について

占いは意外種類が多いのをご存知ですか?

このブログでは占いを記事にすることが初めてなので、まず基本的なことから解説していきます。

命術

この占いは、

・生年月日

・生まれた時間

・生まれた場所

などの基本的に一生変わることのないものを情報として占うものです。

種類としては、

・占星術

・四柱推命

・九星気学

・数秘学

・紫微斗数

・動物占い

・星平会海

のようにかなりの種類があります。

ト術(ぼくじゅつ)

この占いは、

・事前情報を必要としない

・その時の占いをして欲しいと思っている人の行動や言動などからの情報を使う

・常に変化している情報に対応できる

という特徴があります。

種類としては、

・タロット占い

・易占い

・あみだくじ

・辻占

・六壬神課

・ジオマンシー

・ダウンジング

・ルーン占い

・水晶占い

のように種類があります。

相術

この占いの特徴ですが、

相(かたち)から占いをするものになります。

この先の努力などで変えられる未来を占う特徴があります。

種類についてですが、

・手相占い

・風水

・姓名判断

・人相占い

・印相占い

・夢占い

・墓相占い

・家相占い

などがあります。

霊術

一般的な占いの統計学を利用して、さらに霊感などを利用した占いになります。

霊能力者とは違うので、ご注意ください。

種類としては、

・千里眼

・神通力

などがあります。

占いを信じる or 信じない

占いにはイメージが大きく二通りあります。

・信じる

・信じない

の二つです。

そして、占いは昔からあるものですが、やはり共通点がありました。

それは、

・嘘くさい

・騙されそう

・役に立たない

などのイメージです。

信じるか信じないかは自分次第ということ

私の持論ですが、占いというものは結局のところ

「自分がどうのように活用するか」

ということです。

信じるかどうかというよりも、占いでもらった意見をどのように受け止めて行動していくのかが大切です。

信じないなら占いは必要ないものですし、信じるなら占い結果を素直に実行するといいです。

占いをうまく活用する

最後になりますが、占いは人生で迷った時に自分で気づけない道標になってくれる可能性を秘めいているものだと思っています。

右も左もわからなくなって、今から何をしていいのか迷っている時も占いが助太刀してくれるかもしれません。

私も占いについては、かなり初心者なので今勉強の真っ最中ですが、会得したものをどんどんとブログで更新してきますので、お楽しみに!

それではこの辺で。

タイトルとURLをコピーしました