【無敗記録】得意な場所で戦う!勝ち続けるコツとは?

考え方
スポンサーリンク

スポーツとか仕事とかで「連戦連勝で無敗の人」ってよく話題になりますよね。

この人たちってどんだけすごいんでしょうか?

何かカラクリがあるのか知りたいです。

そして、私もこのような人たちになりたいので、なれるコツを教えてほしいです。

としひこ
としひこ

こんばんは。

としひこです。

今回はこのような疑問にお答えしていこうと思います。

世の中にはスポーツでも仕事でもどんな分野でも、勝ち続ける人が存在します。

一度も負けたことがないので、まさに無敵。

ボクシングの世界でも「ヒクソングレイシー」という選手がいますが、この方も400戦400勝で一度も負けなしのプロボクサーです。

ボクシングの世界で一度も負けたことがないということで、世界を圧巻させました。

しかし、負けないために考えられたみなさんにも応用できる方法をうまく活用していたんです。

今回はヒクソングレイシーの話から学べることを軸に「勝ち続けるコツ」をお話しします。

スポンサーリンク

1.結論:連戦連勝無敗の記録にはカラクリがある

1)勝つことよりも負けないことを考える

プロボクサーの「ヒクソングレイシー」から大きく学んだがあります。

それは、「勝つことよりも負けないこと」ということです。

勝負の世界では大多数の人が、「勝つこと」を常に意識していますが、勝ちを意識するあまりに本来の実力を出せなかったり欲が出て無理をしたりします。

しかし、「負けないこと」を意識すると見える世界が変わります。

「どうしたら負けないのか?」

「どうやれば、負けずに戦い終わるのか?」

などを考えるようになるからです。

投資の世界でもよく言われることですが、資産を増やすには「勝つ数よりも負けないことを重視」した方がトータル的に増えることになります。

勝ち続けるためには、「負けないこと」を意識すると良いです。

2)全ては努力が大前提にある

上記の話には前提があります。

それは、「努力」です。

何もしない人が「負けない工夫」をしたところで負けてしまいます。

誰にも負けない準備があるからこそ、「負けない工夫」ができます。

このことをしっかりと認識しておくことが大切です。

2.どんな仕事にも応用できる「勝ち続けるコツ」

1)自分の得意なことを理解する

子供の頃に経験があるかもしれませんが、「得意なこと」って負けるイメージをすることがほとんどないですよね?

得意なゲームやスポーツで競争しても、

「周りの人に負ける気がしない」

みたいな気分になります。

これは、潜在的に自分への自信があることで、負ける気がしない感じを持てます。

このことから、「勝ち続けるコツ」の一つは、自分の得意なことを理解することが大切です。

2)得意な場所でしか戦わない

「勝ち続けるコツ」として重要なことがあります。

それは、

『得意な場所や得意なことでしか戦わない』

ということです。

もっというと、勝てる相手としか戦わないということです。

私も含めて、ブロガーの皆さんにも言えることなんですが、得意な分野ってあると思います。

しかしながら、全く知らない分野や全く知らないことを記事にして欲しいって依頼されても本領を発揮することは難しいですよね?

本当のプロなら、自分が得意なこと以外は引き受けないはずです。

このように、自分が勝ちやすい場所や勝ちやすいことで本領を発揮することが実は「勝ち続けるコツ」だったりします。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の内容は理解できましたでしょうか?

今回お伝えしたかったことを整理すると、

・勝つことよりも負けないことを考える

・負けない前提条件は努力をしているかどうか

・自分が得意なことを理解する

・自分が得意な場所や得意なことでしか戦わない

の大きく4つです。

誰しも人間は、生まれた環境も育った環境も違います。

それぞれ得意不得意も違います。

なので、自分が得意なことだけをやっていても悪くないはずでず。

世の中的には何の問題もありません。

「最近負けばっかりだなー」

など思い当たる人は、是非とも今回お伝えしたことを実践して見てください。

タイトルとURLをコピーしました