【来年の抱負】2020年にやりたいことや目標について語ってみる。

雑談
スポンサーリンク

いよいよ明日から2020年。

今年はなんだか目標もなかったから来年こそは何かを達成したい。

みんなはどんな目標ややりたいことを設定しているんだろうか?

参考に知りたいな。

としひこ
としひこ

こんばんは。

としひこです。

今回はこのような疑問にお答えしていこうと思います。

2019年12月31日。

令和元年最後の日ですね。

おそらく2020年の目標を設定していたり、

何にしようか悩んでいる頃ではないでしょうか?

そんな悩みにお答えするべく、

私の視点で見る2020年についてお話をします。

2020年にどんなことしようかまだ迷っている人は

是非読んでください!

それではどうぞ。

スポンサーリンク

1.2020年にやりたいこと

2020年にやりたいことって決まってますか?

おそらく決まっていないんじゃないでしょうか?

そこで私の目標設定をお話ししますので、参考にしていただければと思います。

1)ブログ毎日更新

これは現在もやっていますが、来年も毎日更新を継続していきます。

書く内容は特化型の内容ではなくて、その時に需要がありそうなことをひたすら書きます。

毎日更新のコツは考えすぎないことなので、ひたすら書き続けます。

2)Twitterフォロワー1万人

今年に入ってTwitterを再開してから、2100人までフォロワー数を伸ばすことができました。

来年は1万人を超えることを目標にして、Twitterにも力を入れていきたいと思います。

3)YouTuberデビュー

考えすぎても仕方ないので、YouTuberデビューを来年早々にします。

いろんな環境が追い風になって、動画が当たり前の時代に必ずなると思います。

動画をやらない理由がないので、クオリティなどを気にするまえに見切り発車する気持ちでやりますね!

4)月収100万円達成

自分の中でこの目標が一番の重要なものでして、なんとしても短期的に達成したい目標です。

先人の方々が「行動すれば100万円はいける」と話しているので、私にもできないはずがないのです。

だからこそ、絶対に達成したいので頑張りますね。

2.2020年は多動力の年

ここからは、2020年に必要となる力についてお話しします。

ずばり2020年は、

『多動力』

の年になると予想します。

1)多動力とはなにか?

書いてある通りのイメージですが、多く動くことをいいます。

いろんなことをやったり、たくさんのことを実践するようなイメージです。

昔はこのような人が「フラフラしているダメなやつ」と言うイメージがありました。

しかしながら時代は変わり今となっては、むしろ必要な能力になっています。

一つのことしかできない人は、二つ以上できる人と差別化できなくなっているので、差がついてきます。

自分しかできないことを見つけるためにも多くの行動をすることがいいですね。

2)多動力の身につけ方について

多動力が大切な時代になったと言うことはご理解頂けたと思いますが、どうしたら身につくのか気になりますよね。

多動力の身につけ方ですが、

「とにかくいろんなことをやってみる」

これだけです。

気になったことややってみたいことなどを思いつくままにやります。

全力投球じゃなくて50%くらいの力で始めるイメージです。

「なんか違うな。」

と思った時にすぐやめれるように全力で取り組まないようにしましょう。

3)2020年におすすめの行動

2020年におすすめの行動ですが、

・動画配信を始める

・動画編集を仕事にする

・ゲーム実況をする

・ビジネス系のYouTuberになる

・家庭教師YouTuberになる

・SNSに力を入れる

・新しいサービスは最速でやってみる

こんな感じです。

この中でも「動画関係」は激アツだと予想しています。

2020年はいよいよ通信規格「5G」がやってきます。

本格普及するのはまだ先かもしれませんが、あっという間に普及する可能性もあるので、動画全盛期になる前に準備をしておきましょう。

3.まとめ:決めるよりも先に行動することが最重要

ここまでの話はいかがでしたか?

一度振り返ってみますと、

・私の2020年目標の紹介

・多動力とはたくさん行動をすること

・2020年におすすめの行動について

の大きく3つについてお話ししました。

絶対に実行して損はさせませんのでやってみてください!

2019年は大変お世話になりました。

2020年はもっともっと個性を前面に出せるようにしていきたいと思っております。

来年もよろしくお願いいたします。

それでは良いお年をお迎えください。

タイトルとURLをコピーしました