【パパさん必見】こんなときどうする?妻の機嫌を悪くしてしまった時の直し方

夫婦関係
スポンサーリンク

こんばんは。

としひこです。

結婚してしばらく時間が経過すると必ず発生することがあります。

・妻の機嫌が悪くて家の空気が暗くなっている

・自分のせいで妻がイライラしている

・どうしたら機嫌が悪い妻のイライラを治せるのか?

今回はこのような疑問にお答えしていこうと思います。

スポンサーリンク

1.妻の機嫌が悪くなる原因を考えよう

妻が突然怒り出したり機嫌が悪くなっている時があります。

これは夫からすると突然の出来事でよくわからない場合があるのですが、

実は夫に原因がある場合と何か別のことがあったと言うことが考えられます。

1)毎日の家事、育児で疲れが出ている

家のことを全てやってくれている場合は、毎日のことで相当な疲れが出ている場合があります。

「たまの休日くらい休みたい」

と思っていることも多いはずです。

仕事をしながら家のこともやっている人は尚更ですね。

疲れから来るイライラもありますので、パパさんも疲れているかもしれませんが普段奥さんがやっていることを率先してやることも大切です。

2)夫への不満が溜まっている

単純に夫への不満が溜まっている可能性があります。

「休日でも私は休めないのに、旦那ばっかり休んでいる」

「家にいても何もしてくれない」

などです。

自分に思い当たる節がないかを考えることも大切です。

3)ホルモンバランスの関係

女性は毎月ホルモンバランスが乱れます。

乱れると心が不安定になるので、理由がなくても機嫌が悪くなる時があります。

体も辛かったりだるかったるすることもあるので、優しく接することが大切です。

2.妻の機嫌を直す方法について

妻も同じ人間です。

立場が違えば大変だと思うことも違います。

妻の機嫌を治す方法としてはしっかりと寄り添うことが大切だと考えます。

1)妻の気持ちを理解し寄り添う

父と母という立場はお互いに違います。

やっていることも違いますし、大変なこともそれぞれあります。

まずは妻の気持ちをしっかりと理解してあげることが重要です。

理解した上で寄り添うことが妻の安心につながるのではないでしょうか?

2)妻に話をしっかりと聞く

機嫌が悪い原因をしっかりと聞くことも重要です。

理由もわからないまま、なんとかしようとしても、

「どうせこいつは何もわかっていない」

「なんで私が怒っているのかわかっているのか?」

などとどんどん機嫌が悪化するので、怖いかもしれませんが話を聞くことが重要です。

3.妻の機嫌が悪いときにやってはいけないこと

妻の機嫌が悪いときに絶対にやってはいけないことがあります。

それを無視して行動してしまうとさらに悪化して夫婦関係にも傷がつきかねないので注意していきましょう。

1)妻へ反論する

これは絶対にしないでください。

自分が悪くないということを主張したりすることで反論みたいな感じになることがあります。

これは、全く意味がない行為なので絶対にしないようにしましょう。

もっと懐を広く持って「原因を作ったのは私だから」と自己責任思考を持ちましょう。

2)強い口調で言う

これは無意識でやっている人が多い行動です。

妻の機嫌が悪いと自分の機嫌も自然と悪くなっている可能性があります。

そうするとだんだん口調が強くなってきて、

「何怒ってるの?」

「なんであんたが機嫌悪くなってるの?」

と妻から言われてしまいます。

優しい感じで接することを心がけていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました