失敗を恐れない方法

皆さんは 「失敗」についてどのような印象をもっていますか?
日本では、「失敗」についてこのような教育をしてきています。

失敗=悪いこと

本当にこの式の通りなのでしょうか?

失敗をして、何故そうなったのかを振り返る。
こうすることで、成功に一歩近づくわけです。
ということは、

失敗を重ねることで、成功に一歩ずつ近づく。

ということになるので、「失敗は失敗ではない」ということになりませんか?

かの有名な、トーマスエジソンさんは電球を発明するために、1000回以上失敗したといいます。

でも、エジソンさんはこう言いました。

「1000回の失敗をしたんじゃない。1000通りの方法を試したんだ。」

と。

これから学ぶことは、失敗を失敗とおもった時点でそれは失敗になり、失敗と思わなければ失敗にはならない。

「失敗は成功のもと」

という言葉もあるように、成功するには失敗という経験値は必ず必要になるので、成功するまでやり続ければ、それは失敗ではなくなります。

なので、失敗を恐れずチャレンジすることが、成功への近道であると思っています。

失敗を恐れない方法というよりは。失敗を失敗とせずに、成功への一つの通り道、通過点などと捉えることが重要だという話です。

なんでもかんでも結果が出ないことを失敗だと定義づけてしまうと、世の中のほとんどのことは失敗となってしまいます。

失敗はしないほうが効率が良いのですが、失敗することで学ぶこともあるので失敗も経験、失敗しないことも経験だということを認識していきましょう。

皆さんの成功を祈っております。