インプットとアウトプットのバランスをとる

インプットとアウトプットは車で言うところの、前輪と後輪のようなものです。
どちらが欠けても走ることができません。

インプットをしっかりするから、人に伝えるなどのアウトプットをすることができます。
しかし、インプットばかりしていると、自分に定着せず、頭でっかちになってしまいます。

アウトプットは、インプットした内容を確認したり定着させたり、他の人に教えてあげたりとたくさんのメリットがあります。
しかし、アウトプットばかりだと行き当たりばったりの内容になってしまい、中身のない話になってしまいます。

まぁ、インプットとアウトプットどちらかといえばアウトプットに偏っている場合はインプットに偏っている場合よりは、行動が伴っていますので、成果がでるのは早いと思います。
しかし、知識がないためかなり遠回りをしてしまう可能性が高いです。

このように、インプットとアウトプットのバランスをとることが重要です。


【モデルケース】
学んだ知識を、ノートに書き出したり、ブログ記事にする。
自分に定着したら、セミナーなどを開催し、多くの人に価値のある情報をシェアする。

このようにすることで、自分の知識が価値あるものとなり、お金に変わります。

価値の提供は非常に重要です。

やり方は個人差がありますので、
例えば、

1か月はインプットし続ける。 そのあと1週間でアウトプット。
毎日インプットとアウトプットを交互に繰り返す。
など、自分にあった方法を見つけましょう!