当たり前の基準は人によって違う【価値観の押し付けはやめよう】

スポンサーリンク
ビジネス

こんばんは。

牛島です。

今回のテーマは、

「当たり前の基準は人によって違う」

です。

このテーマにした理由としてはこのようなツイートがあったからです。

いつもツイートで元気をもらっているアカキンさんのツイートです。

以下引用

当たり前の基準を変えよう

自分にとっての当たり前が

相手にとっての 当たり前とは限らない

受けた教育も 生まれた環境も全く違う

だからこそ考え方は人それぞれだ

自分と違う考え方の人を認めず

批判したり暴言を吐くのは

器が小さすぎる

そんな人達に

絶対に負けてはいけない

引用終わり

私もいつも思っていることですし、周囲にも言っていることだったので非常に共感できたこのツイートをテーマにしようとおもいました。

それでは行きます。

当たり前って言葉結構使いますか?

皆さんは当たり前って言葉ふだん使いますか?

大多数の方が無意識レベルで使っているのではないでしょうか?

例えば、

下着をつけるのは当たり前。

服を着るのは当たり前。

新入社員はスーツが当たり前。

上司のいうことを聞くのは当たり前。

残業するのが当たり前。

勉強するのが当たり前。

学校行くのが当たり前。

などなど。

出したらキリないですが、いろんな当たり前という言葉を耳にします。

当たり前ということを改めて考えて見ましょう。

今回皆さんに伝えたいことは、「当たり前」という言葉について本当にそうなのか?

ということです。

「新入社員はスーツを着るのが当たり前」

を例にとると、

日本の半数以上がスーツを来て入社式に行くかもしれませんが、服装が自由な会社も最近は増えてきています。

これって、「スーツを着るのが当たり前」じゃないということになります。

行きてきた環境や目指しているもの、入社する会社やその人のスタイル、考え方など様々な要素で「一個人の当たり前」ができていきます。

人によって当たり前が違ってくるということです。

自分の当たり前を相手に押し付けるのはやめよう。

自分の当たり前を一般常識だという人がいますが、それは違います。

世界が変われば常識も考え方も変わります。

人が変われば全てが変わります。

皆さんはいろんな考え方や思考術、生き方を持っています。

そんな違いが多い中、相手に自分の当たり前を押し付けていませんか?

「牛乳嫌いな人意味わからない」

「仕事しないやつ頭おかしいのか?」

とか。

牛乳好きな人は牛乳好きなのが当たり前。

嫌いな人は嫌いなのが当たり前。

互いに押し付けても意味はありません。

仕事している人はするのが当たり前。

しなくていいひとはしないのが当たり前。

それぞれの当たり前があります。

互いの意見を尊重し合うのが一番だと私は考えます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました