【プログラミング】LP(ランディングページ)の作り方について調べてみた!

こんばんは。

牛島です。

本日のテーマはタイトル通りなんですが、

「LP(ランディングページ)の作り方について調べてみた!」

になります。

理由としては、今日行ったプライベートサロン(美容室)のオーナーさんと話をしていて、違うビジネスをやる際にLPを結構使うとのことでした。

もし私がある程度LPを作れるなら間違いなく依頼するとのことだったので、LPについて勉強しようと思い調べた結果をシェアできるのではないかというものが理由になります。

それでは、シェアしていきまっしょ!

LP(ランディングページ)はある程度構成が決まっている。

ランディングページについて色々と調べました。

まず、ランディングページを知らない人向けに解説します。

LPとは、

「商品やコンテンツなどを紹介し、魅力などを伝えて購入してもらうための宣伝ページ」のようなものです。

このLPには下記のような構成例が一般的にあります。

  1. キャッチコピー
  2. 共感する部分
  3. 商品の提案
  4. ベネフィット
  5. お客様の声
  6. 他との差別化
  7. アクション

以上になります。

LPの各構成について個別に解説します。

1.キャッチコピー

→これはそのなの通り、お客さんになってくれる人に対しての関心ごとを指摘する部分です。

関心ごととは、このページをみてくれている方の悩みや課題などです。

このページで見ている方へ必要性を感じてもらう必要があるので、かなり重要な部分です。

2.共感する部分

→この部分は、ページを見てくれている方の悩みや課題について共感する部分になります。

「それそれ、そうなんだよねー。それがまさに一番の悩み」

みたいな感じで、読んでくれている方に共感してもらうことが目的のページです。

ここも惹きつけるためにかなり重要な部分です。

3.商品の提案

→ここのページでは、見てくれている方の悩みや課題などを解決できる商品の紹介をするページです。

具体的な商品紹介になりますので、利用する予定の方がイメージしやすいように画像を使ったりしてわかりやすくイメージしやすい環境を作ることが大切です。

4.ベネフィット

→ベネフィットとは、商品を使ったことで得られるメリットなどを言います。

ここのページでは、商品の提案で紹介した商品を利用した際にメリットやどんな効果があったり、どんな未来になるのかなどを具体的にわかりやすくお伝えするものです。

ここのページがしっかりしていないと、お客さんにもこの商品を使うことで何がいいのかわからないので、しっかりとお伝えする必要があります。

5.お客様の声

→お客様の声が必要な理由は、同じ分野の商品を比べる上で口コミが重要だからです。

同じ効果を提示しているものが3つあったとして、どれを選ぶかの最終決定は口コミである場合が多いからです。

そのため、商品提案で紹介した商品の利用者からの声を載せるんですね。

6.アクション

→1〜5までの部分を読んでくださった方へ最後の提案になります。

ここまで読んでいる方は、商品を購入しようと思っている場合がほとんどです。

そこで、最後に必要なのが購入ページです。

 

以上で解説は全て終わりです。

ここまでで大体の作成する構成は理解できましたので、次回はプログラミング要素でどのように作成するのかを作りながら確認していきたいと思います。

それではこの辺で。