【夢中】何かに没頭することが最短で成功する方法である。

こんばんは。

牛島です。

 

今回は、昨日読書した時の内容をシェアしながらお話をしていこうと思います。

ちなみにテーマは、

「何かに没頭することが最短で成功する方法である」

です。

読書した本ですが、与沢翼さんの

「ブチ抜く力」

です。

これを読んでから与沢さんの見え方が180度変わりました。

個人的に必読の本です。

役に立つ可能性大です。

それでは本題に移ります。

何かに没頭した経験ありませんか?

皆さんは何かに没頭した経験ありませんか??

社会人になってから何かを夢中でやることや没頭することがなくなったという人がかなり多くいます。

かくいう私もその一人でした。

時間に忙殺されて何もできる暇もなく毎日がすぎていく。

これを毎日長期間繰り返すことでいつの間にか、没頭することを忘れてしまうんです。

誰でも没頭した経験があるはずです。

思い出してください。

幼少期を。

遊びに夢中だったり、食事に夢中だったり。

いろんなことに興味を持って一生懸命でした。

これってすごく自然なことなんです。

要するに、

「没頭することは自然なこと」

なんです。

幼少期から身についている能力があるんです。

それなのに社会人になった途端、環境による変化で没頭することがなくなる。

これってすごくもったいないことです。

全ての分野共通。最短成功方法とは?

与沢さんの著書に記載がありました。

「一つのことに魂を売り、ブチ抜いていこう」

※「ブチ抜く力」から引用

まさにこの通りなんです。

与沢さんのエピソードが載っていましたが、

彼はダイエットも成功しています。

90キロぐらいから69キロ台まで落としたんです。しかも2ヶ月ほどで。

この時は28日の断食とその他とのトレーニングやダイエットを本気でしたそうです。

何事にも全力であることはもちろん、

一つのことにとにかく集中しているという点が重要とのこと。

他のことを色々とやっている時間があると、

「一つのことに魂を売っていない」

ことになるので、成功までの時間が長くなります。

あるたとえ話もしていました。

人間は我慢強い生き物ではないので、長期目標は達成しにくいとうことがあるそうです。

1ヶ月で10億円稼ぐ目標と1年で10億円稼ぐ目標を例にとると、

一見して後者が現実味を帯びているんですが、

実際は、前者の方が達成する確率が高いんだそうでう。

短期的な我慢はできるのが人間の性質だからという理由もあるようでした。

何かを成し遂げたいというものがある方は、

一つのことにとにかく集中することが大切ですね。