【資産構築】老後2000万円以上必要というニュースの影響で資産構築ブーム

こんばんは。

牛島です。

今回は、先日からニュースで話題になっていた

「老後2000万円以上の資産が必要になってくる」

というものをテーマに話をしていきます。

つい最近なのですが、

いきなり資産構築ブームが到来しているようです。

証券会社へのネット申し込みが増加傾向にあるようで、

明らかにニュースの影響だと考えます。

そこで、

資産構築について間違った捉え方をしている人もいるかと思いますので、

その辺についてお話をしていこうと思います。

資産構築には方法がたくさんある。

皆さんもご存知の方は大勢いらっしゃると思いますが、

資産構築方法は複数存在します。

大体の方がすぐに始めるのが

「株式投資」

ですね。

とりあえず有名な株を買っておけば良いかなーみたいな人が多いのが現状です。

あとは、

「外国為替投資」

だったり、

「暗号資産投資」

とか、手堅いところで行くと

「投資信託」

「国債」

です。

資金に余裕がある方は、

「不動産投資」

をしようとしている方もいます。

投資じゃなくて投機や浪費担っている人がいる現実

それでは、

いろんな投資方法があることを知っている人が多い中で、

なぜ資産が増えていかない人が多いのか考えました。

考えた結果私は答えを出しました。

「投資じゃなくて投機になっている人が多い」

ということです。

投資は資産を増やすことを目的として、

中長期的に資産を増やしていきますが、

1年前くらいに流行っていた仮想通貨と言われていた時代にお金を流していた人は、

投機といいます。

いわゆる短期的な儲けのチャンスを一時的に狙う手法ですね。

これだと、一発はあるかもしれませんが一気に失うこともあります。

そのため、ハイリスクハイリターンです。

しかし、資産が増えるのは一回だけでそのあとは増えません。

このような資産構築をしようとしている人が、

株式投資や外国為替投資でも起きているので、

資産が増えない現状があります。

個人的な投資対象で良いと思うもの。

私個人の意見ですが、

投資対象として一番安定しているものがあります。

それは、

「外国為替取引(通称FX)」

です。

一般的イメージでは、

「200万円を一瞬で溶かした」

とか

「1000万円が1ヶ月で亡くなった」

とか。

ものすごいギャンブルみたいな口コミが多くて、

恐怖を抱いている人も多いと思います。

しかし、

外国為替取引は世界中の通貨で取引が行われているので、

株式投資と違い稼働できる時間の制約が限りなく0に近い投資対象です。

そのため、忙しいサラリーマンの方でも帰宅後の空いた時間に取引ができます。

また、しっかりとメンタルと経験を積むことで安定した取引ができるようになってくるので、

着実に資産を増やしていけるメリットもあります。

もちろん100%安全な投資はないので、減ることもあります。

一方でルールをしっかりと決めて取引をしている人のほとんどは資産を増加していける可能性が非常に高いので、投資対象として優秀だと思っています。

次回の記事あたりで、私がオススメする証券会社を紹介しようと思います。

それではこの辺で。