【努力は報われるか?】努力すれば成果は出るのか?

こんばんは。

牛島です。

今日は、

「努力すれば成果は出るのか?」

というテーマでいきたいと思います。

よく聞く言葉ですよね。

「努力する」

みんなが好きな言葉だし、大体の人が使ってる言葉です。

この努力について今回はお話をしようと思います。

1.結論、努力は報われる場合とそうでない場合がある。

テーマの結論から言います。

「努力して報われる場合とそうでない場合があります」

これはなぜかと言いますと、

その努力に意味があるかどうかが重要だからです。

例え話をしていきましょうか。

野球選手を目指す少年が2人いたとします。

少年A

少年B

にしましょう。

少年Aは、

毎日バッティングセンターに通い、

野球の知識もつけて、

筋トレもし、

食事にも気をつけます。

練習試合も積極的に参加して、

自分の動きを動画撮影し、あとで振り返ります。

これが少年Aの努力です。

次は、少年Bの努力についてです。

野球は好きだけど、料理も好きなので毎日料理は欠かさずやります。

野球の練習は、部活動だけです。

でも部活動でたくさん活動します。

筋トレは面倒なのでやりません。

でも、好きな腕立て伏せだけはちょっとやります。

食事は好きなものを食べて体を大きくしました。

これが少年Bの努力です。

さて、

どちらが活躍する野球選手になるでしょうか?

おそらくわかりますよね?

極端な例なのでわかりやすいかもしれませんが、

少年Aが活躍する野球選手になります。

少年Bはなる可能性が低いです。

正しい努力をすることが重要という話です。

2.努力が報われる方法について解説

では、努力が報われる方法について解説します。

何か目指すものがあったとします。

それに対して、

効果的なことを自分で探します。

見つからなければ、先にいる人に聞きます。

それから努力がスタートするんです。

意味のある努力と意味のない努力があるため、

自分に意味のある努力をしないと報われません。

先ほどの野球の話にもあったように、

野球の練習じゃなくて料理の練習ばかりしていては、いくら努力しても野球が上手くなりません。

なので、自分の目指しているものに対する努力内容をしっかりと見極めて行く必要があります。

一口に努力といっても、

人によって努力しているしていないという感覚は違うので、一概には言えませんが。

しかし、これだけは言えます。

「正しい努力をすれば報われる」

ということです。

たったこれだけの話です。

3.努力しても報われない人は悲観的になる必要はないという話

努力しても報われなくて悲観的になっている人もいるかもしれません。

きっとたくさん努力をしてきたのでしょう。

でも努力のやり方がちょっとだけ違っていたのかもしれません。

そうした時に、悲観的になって諦めるのではなく、

どうしたら方向修正できるのかを考えましょう。

これが努力しても報われない人がやるべきことです。

今までがちょっと違った方法であったのなら、

正しい方法に修正するだけで努力が報われるようになります。

最初から完璧に正確な努力をできる人なんて本の一握りです。

なので、諦める必要はありません。

人に聞いてもいいし、自分が目指している分野の先にいる人に聞くのもいいです。

必ず、自分よりも進んでいる人に、

「昔はどうやって行動してきたのか?」

「今は何をしているのか?」

などを聞くとすごく参考になります。

今努力が報われなくても、諦めなければ必ず答えは出ますので、

再スタートのつもりでやっていくことをお勧めします。