明確な目標を持つ必要があるのかどうか?

新年度を迎えて目標を掲げている人が多くいると感じます。

おはようございます!

牛島です。

今日は、目標とかについて語りたいと思います。

新年度を迎えて新社会人や学生さんが新しい環境へ飛び込んでいる時期かと思います。

もしかしたら少し慣れてきた時期でもあるかもしれませんね。

そんな時期なので、きっと多くの人が悩んでいるであろうことを話します。

それは、

「目標の設定について」

です。

よく昔から聞く言葉で、

「目標は高く持った方がいい」

と言いますが、私はこれはちょっと違うかなーと思っています。

それはなぜかと言いますと、たとえ話で解説しますね。

例:目標が内閣総理大臣になる

内閣総理大臣になることを目標にした時に、果たしてあなたはいつ頃達成できる見込みがあるでしょうか?

想像できますか?

おそらくほとんどの人が想像できないと思います。

これは、目標が大きすぎて漠然としているからです。

内閣総理大臣になる前にはいくつものステップがあると思います。

これは、内閣総理大臣をやっていなくてもほとんどの方がそう思うのではないでしょうか?

確かに大きく高い目標は人によってはモチベーションに繋がる場合もあります。

しかしながら、先が見えない努力って人間はモチベーションを維持しづらいのです。

どのような目標設定が望ましいか?

大きな目標をもつことが悪いのではなく、私が推奨する方法は

「達成できそうな目標を積み重ねていく」

方法です。

内閣総理大臣になりたい人の例でいくと、

 

国会議員になるためにどうしたらいいか考える

国会議員選挙に出馬する

国会議員になってからどのポストが一番いいのか考える

以下いろんなことを試す。

結果、内閣総理大臣になる。

といった感じです。

これは、大きな目標の前に小さな目標をいくつも立てることで、大きな目標に近く方法です。

私はこれを強く推奨します。

達成できそうな目標を次々と立てて、達成していくことでモチベーションの維持ができることと、目標に着実に近くことができるからです。

とにかく具体的な小さな目標を持つようにしよう!

とにかく最終目標を達成するためには、小さな目標をたくさん計画することが大切です。

これは私の体験談でもあります。

会社や学校では教えてくれるところもあるかもしれませんが、基本的にはこの方法がかなり優秀ですので是非とも参考にしていただければと思います。

 

【少しずつ前に進んでみよう】新しいことをやるときの恐怖って何だろう?

▼目次

  1. 新しい年度が始まりました
  2. 最初は恐怖や不安ばかりがつきまとう
  3. 新しいことへの挑戦でつきまとう恐怖
  4. 恐怖と不安を無くす方法

新しい年度が始まりました

2019年もすでに4月を経過しました。

4月といえば新学期や新社会人の多くの人が新しい環境に入ります。

日本中のいろんな人が新しいことに半強制的に挑戦する時期です。

しかしながら、新しい環境に飛び込んだ人たちは必ずこのような心理状態になっています。

「新しいところが不安」

「しっかりできるかなー?」

「毎日恐怖でしかない」

「早く慣れるかなー?」

などなど。

これらは新しいことへの恐怖や不安です。

最初は恐怖や不安ばかりがつきまとう

新しいことを始めると必ず恐怖や不安が付きまといます。

もちろん新しい環境もそうです。

これは、自分で望んでいない場合の新しい環境の場合不安や恐怖が大きくなる傾向にあると私は考えます。

あくまで人生経験の中での傾向です。

なぜそう思うかと言いますと、引越しを例にあげます。

新しい住居へ引っ越す時って物件探して好きな場所を決めて、

引っ越す日が楽しみじゃないですか?

新しいところで住むことが楽しみじゃないですか?

あんまり不安になることってないですよね?

新しいことへの挑戦も新しいところに住むのも何らか変わらないと思うんです。

しかしながら、新しい会社や学校は不安や恐怖を感じ、一方で新しい家は楽しい感情やワクワクした感情を抱くことが多いんです。

もちろん例外もありますが、このようなことが多いと思います。

新しいことへの挑戦でつきまとう恐怖

次に、新年度になってから何か自分のスキルアップをしようとか資格を取ろうとか思う人が多いと思います。

これはいわゆる「新しい挑戦」ですよね?

しかし、この挑戦をするときに必ず不安や恐怖を感じるんです。

この不安や恐怖が邪魔してなかなかスタートできないこともありますね。

どうしてこのような感情が邪魔をするのでしょうか?

それは、この先の見えないリスクがあると思い込んでいるからなんです。

「資格勉強して、試験落ちたらどうしよう」

「勉強したのにスキルアップできなかったらどうしよう」

「3日坊主になってやめたらどうしよう」

人によっていろんな不安や恐怖があります。

しかしながら、自分を客観視してみてください。

「資格試験落ちたとしたら、どうなりますか?何か変化しますか?」

「スキルアップできなかったら何かマイナスになりますか?」

「3日坊主だとなにかマイナスになりますか?」

どうでしょうか?

おそらく何も変化しないと思います。むしろ現状維持です。

最悪のパターンで現状維持なのに、なぜか不安や恐怖を抱えているんです。

不思議だと思いませんか?

この不安や恐怖は自分が勝手に作り上げた虚像なんです。

その虚像が不安や恐怖を作り上げていると考えます。

それではどうしたらこの虚像に負けないようにできるのかをお話しします。

恐怖と不安を無くす方法

不安や恐怖の原因となる「自分が作り出した虚像」を退治する方法をお伝えします。

・失敗しても意外とリスクは小さいまたは無い

・失敗しても経験値が残る

・失敗してもマイナスにはならない

この3つを意識するだけで大丈夫です!

もちろん、スタントマンや常に危険が伴う作業をされる方にこのことを当てはめることはできませんが、一般的な勉強や企業や何か新しい挑戦をする人へは完全に当てはめることができます。

いつも不安や恐怖に悩まされている方は、是非とも意識してみてくださいね。

新たな挑戦が皆さんのプラスへ変わることを祈っております。

私もたくさん行動して失敗してもまた行動するそんなバカを目指していきますw

それでは!

▲目次にもどる

【雑談】ブロガーフリーランサーマナブさんから学んだこと

▼目次

  1. マナブさんってだれ?
  2. どんなことを学んだのか?
  3. 今後の活かし方について

マナブさんってだれ?

今回は、ブロガーでフリーランスの活躍されている「マナブさん」についてお話をしようと思います。

まず、マナブってだれ?と思う方もいらっしゃるとおもいますので簡単に紹介をさせていただきます。

と言うわけで、私が語るよりもマナブさんのサイトを見ていただくのが早いのでリンク載せますねw

マナブさんのプロフィールはこちら

マナブさんは失敗をたくさんしてきて、今があるような方なので私としてはすごく信頼性が高いし目標としている方です。

どんなことを学んだのか?

それでは、どんなことを学んだのかと言いますと、

まずはプログラマーは今後需要が増え続けるのでフリーランスになるならやるべきと言うこと。

そして、目標とする人のファンには絶対なるなと言うこと。

この二つを大きく学びました。

このことは私の人生の中で非常に重要なこととなりました。

プログラマーは今後は安月給であんまりよくないと思っていた価値観を完全に覆し、イメージを変えてくれたからです。

そして、目標とする人をファンにするなと言うことの本質が理解できたことです。

このことに気づかせてくれたことは本当によかったと思っています。

今後の活かし方について

この学んだことをどう活かしていくか?

と言うことが大切となってきますが、

私はこのように活かしていこうと思っております。

まず一つ目。

プログラマーとしての実力をつけること。

二つ目に、目標とする人のファンになるのではなく追い抜く気持ちで行動をすること。

大きくこの二つです。

この二つは、私にとって非常に重要なことですので、今後はこれをさらに意識して行動していく予定です。

すでに過去のブログでもプログラム初心者の記事を掲載しておりますが、それもマナブさんの影響でやっているところが大きいです。

あくまでも影響されているだけで、マナブさんよりももっと成果を出そうと思っています。このような意気込みで今後も活動していきます。

よろしくお願いします!

それでは。

▲目次にもどる

【悩み】私の最近の悩みについて赤裸々に告白します。

▼目次

  1. 私の悩みについて
  2. 方向性について
  3. 今後の牛島について

私の悩みについて

今回は、私が抱えている悩みについてみなさんに赤裸々に告白しようと思います。

なんで告白しようかと思ったかと言いますと、自分の悩みは意外と他の人の悩みと同じことが多く、参考になったり解決のきっかけになったりするかもしれないと思ったからです。

と言うわけで、どんな悩みを抱えているのかみなさんにお伝えしようと思います。

その悩みとは、

「このブログの方向性について」

です。

私は、良い意味でも悪い意味でもいろんなことに目を向けてしまい、いろんなことに興味を持ってしまうんです。

そのため、ブログの方向性として何を伝えてたいブログなのか全くわからない状況になっていると自分では感じるわけです。

そこで、ある程度方向性を決めていきたいなと思っております。

方向性について

その方向性についてですが、大きくカテゴリーを3つに絞りたいと考えています。

まずは、ビジネス。

次に、プログラマー。

そして、うーん。

最後の1つがなかなか決めれないんです。

ビジネスとプログラマーって他にもいろんな人がいるんで差別化にならないと思うんです。

そこで、差別化ができる何かが欲しくて悩んでいます。

牛島はいろんなものに興味を持つことが長所でもあり短所でもあるため、絞り込むことが苦手です。

絞り込まないって言う結論もあったのですが、それは現状と同じなのでしっかりとコンテンツを絞っていく必要があると感じています。

今後の牛島について

今後は、最後の一つのカテゴリーを牛島らしさを残しつつ決めていこうと思います。

読者者の方へ有益な情報になるように検討し、質をあげてなおかつ面白く頑張っていきます。

いろんな方向にふらふらしてしまう牛島ですが、何卒よろしくお願いいたします。

今回の記事はこんな感じで終わります。

以上

▲目次にもどる

【初心者が目指す】プログラマーへの道(Javascript)

▼目次

  1. プログラム勉強の進捗報告
  2. JavaScriptを勉強してみて
  3. 今回の結果をまとめてみる

プログラム勉強の進捗報告

今回は、前回に続きどんな感じでプログラム学習が続いているかを簡単にお話ししようと思います。

まず、結果から言いますと

「あんまり学習できてませんでした!」

という状況です!!

理由をいうと言い訳になるので言いませんw

やらなかった自分が悪いので!

よって、プログラマーとしての自分のスキルはそこまで伸びておりません。

まだまだ案件受注に繋がるようなところまで実力がついていませんが、これからが私の実力の見せ所w

頑張ります!

JavaScriptを勉強してみて

あんまり学習していなかったとはいえ、Javascriptについて学習したことがなかったので、「Progate」というサービスでオンライン学習をしておりました。

ちゃんと初級のカリキュラムも完了させましたよ!

この言語を勉強していて思ったことは、HTMLなどと違い、C言語よりの言語なのかなーと思いました。

なんでかというと、整数とか変数とか難しい言葉もたくさん出てきたので、私にはさっぱりわかりませんでしたw

でもこれからProgateも有料コンテンツを購入して、さらに実践的な学習へと移行する予定です。

Javascriptを学習しても現時点では何も形にできませんが、これからの私に期待してくださいw

今回の結果をまとめてみる

今回のことをまとめて見ます。

・学習はそんなにできてない

・Javascriptは初級コンテンツを学習した

・案件受注などはできるレベルではない

・Progateの有料サービスで実践的学習をする予定

・これからの私に期待する

こんな感じですね。

プログラマーって今後はさらに需要が伸びると言われているので、しっかりと学び、遊ぶ感覚で仕事ができるように私は取り組んでいきたいと思います。

今回はこの辺で!

それでは!

▲目次にもどる

【新年号発表】新たな時代の幕開け

▼目次

  1. 新年号が発表されました
  2. 新年号発表された時の様々な反応が面白い
  3. 新たな時代の幕開けです!

新年号が発表されました

本日、4月1日月曜日11時30分頃に新年号が発表されました。

国民の皆さんも注目していたことかと思います。

当初発表予定は11時30分丁度でしたが、到着が遅れたようで30分から若干ずれた時刻での発表でしたね。

ちなみに新年号は何かと言いますと、

「令和(れいわ)」

となりました。

この令和という年号は下記のような意味が込められております。

 

日本最古の和歌集の万葉集「梅花謌卅二首并序」が出典で、

「初春の令月にして気淑く風和らぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」

という言葉の意味を持つとのこと。

菅官房長官が発表されていました。

新年号発表された時の様々な反応が面白い

この新年号である「令和」が発表されてからいろんな意見が飛び交っていて面白いので一部紹介したいと思います。

まず面白いと思ったことが、

「令和18年というキーワードについて、R18やん!」

という話題がツイッターのトレンドに入っていたこと。

さすが現世に生きる人間が考え出すことだなと思いました!

不覚にも笑ってしまいまいたよw

この話は令号の略称が「R」という前提ですが、もしかしたら「L」かもしれませんので、R18ではなくL18かもしれません。

次に面白くはないのですが、

「新年号が不謹慎、不吉、あまりいいものではない」

という話題です。

令和という言葉は、「0話」を連想させるようで、

「0からスタートする」

という意味があるため、不謹慎との解釈するそうです。

これらの批判的な意見について私から意見を言わせていただくと、

「日本人は新しいものに批判することが得意だからかなー。もっと建設的で前向きな意見が多くあればいいなと思いました。」

と行った感じです。

まぁ、いろんな意見があること自体は面白いし勉強になりますね。

新たな時代の幕開けです!

新年号が発表されて、いろんな企業がシステム改修などがスタートするかと思います。

リミットは5月1日になる前までです。

5月1日からはいよいよ新しい年号になり、いろんなことが世の中で変化してきます。

もちろん、アンテナを張り巡らしてない人は何も感じないかもしれません。

しかしながら、今の時代に変化を感じることができない人は確実に時代遅れになります。

「時代遅れでもいい」

という人もいるかもしれませんが、

「時代遅れ=生死を彷徨う」

ことに繋がるとも考えております。

新たな時代を目の前で迎えられることに喜びを感じながら、新時代を生きていければ幸いです。

▲目次にもどる