5G通信技術のこと知ってますか?【IT講座シリーズ】

こんばんは。

牛島です。

本日は、IT講座シリーズということでIT関連のことをお話していきます。

今回のテーマはと言いますと、

「5G通信技術って知ってますか?」

です。

この技術は最近ニュースでもよく聞くようになってきました。

オリンピックに向けて環境が整備されているという情報もあります。

それでは、この5G通信技術ってなんなのか?はたまた私たちの生活にどのような影響があるのでしょうか?

このような疑問を順を追って簡単に解説していきたいと思います。

それではどうぞ!

5G通信技術ってなんなのかを知ろう!

そもそも5G通信技術を知らないとこの先の話についていけないので簡単に解説していきますね。

5G通信とは、

・現在のモバイル回線である4G通信技術よりも高速の通信技術である

・処理の方式が代わりユーザー側で情報処理される方式なので、通信遅延が少なくなる。

・電波の飛ばし方が、全体に幅広く飛ばすのではなく、直接ユーザーへ飛ばすビームフォーミング技術というものを使用している。

このような技術です。

ちょっと難しく説明してしまったかもしれないので、もっと簡単に説明すると

「4G通信が新幹線の速さだとしたら、5Gは飛行機またはロケットくらいの速さ」

という比較になります。

要は、とにかく通信速度がめちゃめちゃ早くなる技術なんです。

5Gが導入されると劇的に生活環境が変化していくと考えています。

5G通信技術に期待していること。

5G通信技術を使用するために各通信会社は機器整備を大急ぎで行なっています。

そのため、オリンピックまでには利用開始できるかもしれない技術なのでかなりみじかな存在になると思います。

それでは私がこの5Gに期待することをお伝えします。

それは、

・動画業界が今よりももっと盛り上がり、もっと臨場感やリアリティのある配信が可能となる。

・ゲーム業界で配信者やプロゲーマーさんの活躍の場が広がり収入が今よりも拡大する。

・通信速度が劇的に早くなるので、ARやVR技術が普及してさらに便利なサービスが増える。

このようなことを期待しています。

どの分野も通信技術の大幅な変化により実現できるようになるため、5G通信技術は良い意味で影響を与えてくれそうです。

私も仕事を5Gに関連して、IT業界へ完全にシフトする予定です。

その理由としては、IT関連業界は間違いなく仕事が急増するからです。

仕事が急増するということは、会社の収益も大きくなるため従業員に還元される金額も多くなるということです。

私自身はフリーランスで仕事を獲得していく予定なので、大きな企業が抱えきれなくなった仕事などを受注していくことで美味しところをいただく予定ですw

いろんな変化があるので、本当に楽しみです。

5G。今後の変化に注目してみるのはいかがでしょうか?

それでは今日はこの辺で。

新社会人の方へ伝えたいシリーズ〜会議中の立ち回り方〜【パート4】

こんばんは。

牛島です。

本日は、

「会議中の立ち回り方」についてをテーマにしてお話ししていきたいと思います。

なぜこんなテーマにしたかと言いますと、会議の時間を有意義に過ごしていない人が新入社員には多いと感じたからです。

私も新入社員の時は会議中に行われていることがよくわからず、質問もできず何も得ることができませんでした。

しかしながら途中からあることをしてから有意義な時間を過ごすことに成功したので、経験談を踏まえながらお話をしていこうと思います。

普段の会議で内容をしっかりと理解していますか?質問できますてますか?

会議っていうものは、本来何かを決めるために開催されるものなので、非常に重要な位置付けのものです。

しかしながら、新入社員の時というのは会議内容を最初から全部知っているわけではないので、議題を読み込んだりして準備する人はいますが大半がよくわからないまま参加しています。

かくいう私もその一人でした。

〇〇という会議なのは知っているのですが、何を決める会議なのかが全くわからず話に入っていけませんでした。

会議中は会議内容と刻一刻と進行している内容を理解しなければ有意義な参加にはなりませんので、最初の頃は非常に難しいと思います。

そこで、私はどのようにしたかということを次にお話します。

会議中を有意義に過ごす方法はこれです!

いよいよ会議中を有意義に過ごすテクニックを公開したいと思います。

人によっては「それ不真面目だな!」と思うかもしれませんので、

ここから先の閲覧は注意でお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは会議を有意義に過ごすテクニックをお伝えします。

大きく2つあります。

まず一つ目は、

「会議に自分の仕事をパソコンに入れて仕事をできる環境にしておき、会議中の隙間時間にその仕事をやってしまう。

これは、定時退社をするための極意と行っても過言ではありません。

会議は本来有意義な物事を決定する場なのですが、無意味な会話の会議もたまにあったりします。

そんな時は、上記の方法を行うことで無駄な時間が、一気に自分の仕事に集中できる時間に変わります。

かなり有意義な時間を過ごすことができます。

定時近くまで会議が開催されていても、自分は仕事を終わらせているので残業しなくても大丈夫という感じです。

次に二つ目ですが、

「自分の仕事がなかったら、隙間時間に副業を行う。例えばブログ作成やプログラミング学習、資格勉強、読書など」

これは、私の中でもっとも有意義な会議中の時間の使い方だと思っています。

会議時間は1時間〜2時間くらいのものが非常に多いので、その時間を全て会議に注ぐのではなく、自分の投資に当てるというところがテクニックになります。

 

この2つのテクニックは実践するまでにかなりの精神力を鍛えられます。

最初は隠れてテクニックを試すかもしれません。

しかしながら、慣れてくると会議に参加しながら余裕でテクニックを使えるようになります。

誰かに突っ込まれても、

「会議に必要な事項を調べてるだけです」

とか言ってうまく避けられるようになるからです。

 

最後にこのテクニックを使うための注意点をお伝えします。

注意点は3つあります。

・会議進行役や書記、司会の時は使えない

・会議に真面目に参加している雰囲気を出すことが最低条件

・会議で質問されたら100%答えられるようにしておくこと。

この3つは必ず守ってください。

これを守れないとただのサボリー社員になってしまいますのでw

と言った感じで、会議に有意義な時間を作る最高峰のテクニックを紹介しました。

皆さんのお役に立てたら幸いです。

それでは。

新社会人の方へ伝えたいシリーズ〜早朝出勤に意味はあるのか?〜【パート3】

こんばんは。

牛島です。

今回のテーマは、

「早朝出勤に意味はあるのか?」

ということでやってきたいと思います。

新入社員でよくある話が、

「先輩に明日から朝早くきてね!」

と言われたりすることがあります。

この時に何時に来ればいいのか教えてくれないこともありますw

例えば、出勤時間が9時だとしましょう。

この先輩が早めにきて欲しい時間はおそらく7時までです。

この残業も出ない2時間に何をするのか?

そもそもそれは意味があるのか?

法的に問題はないのか?

ということにについて語っていきます。

朝早く出勤してくれない?って言われたことありますか?

私も会社員時代に言われたことがあります。

ちなみに出勤時間は9時だったんですが、早い時は朝5時30分には出社していました。

夜勤明けの先輩とかがまだ寝ている時間でしたw

今年の新入社員の方は少なからず言われた人もいるのではないでしょうか?

早朝出勤をして私が何をしていたかと言いますと、朝の雑用と始業時間までに終わらせないといけない職場の仕事をしていました。

雑用は、

・お湯を沸かすポットを洗う

・お湯を沸かしておく

・麦茶やコーヒーの準備

・夏はスポーツドリンクの準備

・掃除

・配布物の確認および配布

などなど。

雑用なのでたきに渡っていました。

正直2時間だと足りなかったので、朝5時30分に出勤したりしていました。

そもそも早朝出勤に意味はあるのでしょうか?

結論から言います。

会社的には全く意味がありません。

それは、業績や自分の昇進に何一つ関わってこないからです。

そして、新入社員がやることが当たり前だと思われているところもあるため、感謝されることがほとんどありません。

「やってくれて当たり前」

まさにこの感覚です。

なので、私は早朝出勤を指示されても従うことはお勧めしません。

もしやるかどうか検討するのであれば、しっかりと早朝出勤をする理由や内容などを聞きましょう。

そして、納得した上でやりましょう。

しかしながら、全く持って意味がないかと言われたらそうでもありません。

雑用は仕事を通じて会社のことを知ることが周囲の人よりも早くできるかもしれません。

また、朝の空いた時間に自分の仕事をすることで早く仕事を終えることができるので、定時退社に繋がったり、先輩の仕事の手伝いをして評価をあげることができるかもしれません。

早朝出勤は法的に問題ないのか?

一番気になるところが、労働基準的に早朝出勤は問題がないのかどうかというところです。

ほとんどの方は、早朝出勤をしているにも関わらずその時間は勤務していることにはなっていないことがあります。

要するにサービス残業と一緒ですね。

夜に残業するのか朝に残業するのかの違いだけ。

気になったので調べて見ました。

ポイントは2つ。

・労働時間として扱われいてるものかどうか

・会社側からの指示で早朝出勤しているかどうか?

というところです。

会社側から正式に指示されている場合には労働時間と見なされるため、早朝出勤の場合でも残業代が発生します。

しかしながら、先輩などに頼まれたレベルの早朝出勤であれば労働時間に当たらない可能性が高いので、残業代が発生しないケースもあります。

そのため、もし早朝出勤を頼まれてやるのであれば、正式な仕事としての扱いなのかどうかを確認した上でやるようにしてください。

そうしないと、自分だけが損をしてしまうからです。

会社側からの正式な仕事の指示にも関わらず残業代が発生しなかった場合は労働基準法違反ですので、社内や社外の労働相談所の位置付けのような場所に相談を必ず行ってください。

プライバシーは必ず守られながら調査が入ります。

いかがでしたでしょうか?

早朝出勤について参考になりましたでしょうか?

今回はこの辺で終わります。

それでは。

新社会人の方へ伝えたいシリーズ〜会社での立ち振る舞い〜【パート2】

こんばんは。

牛島です。

本日は、

「新社会人の方へ会社での立ち振る舞いについて」

をテーマにお伝えしたいと思います。

そろそろ入社してから6月になるのでちょうど2ヶ月ですね。

仕事も覚えてくる頃で、会社のいろんな部分も見えてくると思います。

新入社員のフレッシュな気持ちや会社組織の一因としての視点なども両方持ち合わせた一番いい時期です。

そんなこの時期に大切だと思う会社での立ち振る舞いについてお話します。

意見があったらしっかりと言おう!

新社会人として会社の一員になったわけです。

自分の立ち位置を理解していない人も多いのでお伝えしておくと、

「自分はまだ下っ端だから言われた通りにしよう」

これだと全く意味がありません。

すでに会社にいる先輩たちも新しい意見や新しい風を求めている場合もあるので、従うだけの新人はちょっと期待外れと言っても過言ではありません。

それよりでしたら、

「自分が感じたことを先輩や上司に報告してみよう」

これが大切です。

意見を率直に言ってみることで、それはいいとか悪いとか意見に対するフィードバックをもらえます。

これによって、改めて考えるいい機会になったりします。

会社に10年も働いている人は同じことを繰り返している可能性が非常に高いので、視野が狭くなっている可能性が高く新発見をすることが少ないです。

そこで、今までなかった意見があることで考えたり感じたりして、新たな発見や改善に繋がったりします。

社長も上司もみんな同じ人間だ!

新入社員の立場だと同期以外は、みんな先輩にあたるのでかなり萎縮した対応になることが多いと思います。

しかしながら、よく考えてみてください。

社長や上司や先輩も同じ経験をしてきた同じ人間だということを。

何も特別な存在ではないんです。

社長がくると緊張したりするのは悪いことではありません。

しかしながら、そこで一線を引くのは自分自身の決断の結果です。

一歩踏み出せるかどうかでも会社組織をしるきっかけを獲得できるかどうかが変わってきます。

その会社のことを広く知ることができれば、いろんな視野が広まり意見も出てくるので、いいと思います。

社長、先輩、上司の話を聞くだけではなく質問もしっかりとしていきましょう。

同じ人間ですから、失敗することもありますし、質問に答えられないこともありますw

そんな人間味溢れる姿も見れるチャンスかもしれません。

積極的にアタックしてみましょう。

ちょっと難しいなと思う人は無理しなくても大丈夫です。

 

いかがでしょうか?

新入社員の立場でこの記事をみる場合はなかなか難しい行動だなと感じたかもしれません。

ちなみに私は最初からかなりガツガツしていたので、

「生意気な新入社員がきたw」

といつも言われていました。

しかしながら、会議でも意見を言えるし間違っていると思うこともすぐに質問して解決できるので不満などは少なかったです。

結局、会社生活をどのように過ごすかは自分の決断一つなので、自己責任思考も大切です。

自分が過ごしやすい会社生活を実現するためにも少しだけ前に出てみましょう!

それではこの辺で。

ゲーム依存症が病気認定!また話題が再燃!【ゲームは悪なのか?】

こんばんは。

牛島です。

今日はタイトルの通りですが、

「ゲーム依存症が病気認定されてから話題が再燃」

しているので、これをテーマに語っていきたいと思います。

皆さんはゲーム好きですか?

私はすごく好きです。

そのため、ゲーム好きな人という立ち位置なのでご理解いただきながら記事を読み進めていただければと思います。

ちなみにどれくらい好きかと言いますと、ご飯を食べなくてもゲームをやっていられるくらい好きですw

それではどうぞ!

ゲーム依存症が病気認定された話知ってますか?

ゲーム依存症がWHO(世界保健機関)で病気認定されています。

この病気は、

「スマートフォンなどのゲームにのめり込むことで、日常生活に支障をきたすレベル」

のことを言います。

要は、寝食を忘れてゲームに没頭したり、育児や家事を放棄してもゲームをやり続けたりということをゲーム依存症という形で言っているということです。

ゲーム依存症は、ギャンブル依存症などと同じレベルで精神疾患として認定されましたので、治療費も保険適用となりました。

ゲーム依存症の話題が出てからゲームを悪だという風潮が横行している

このゲーム依存症をきっかけに少々問題も起きています。

「ゲームはしてはならない。悪いものだ」

このような偏った考え方が広まってきているのも事実です。

ゲームをやらなければゲーム依存症にはならない。

確かにおっしゃる通りです。

ゲームに触れることすらなければ依存症にはなれませんねw

しかし、この意見に私は疑問を持っています。

ゲームが悪いのではありません。

ゲームを利用する人の使い方が悪いだけなのです。

そして、ゲームを悪だという決めつけをして子供にやらせない保護者は子供の自由を奪っていると考えます。

私も幼少時代はよくゲームをしました。

もちろん外遊びもしましたが、ゲームの話で友達とも盛り上がったりしました。

いろんなドラマもありました。

マリオカートをいっぱい練習して、タイムアタックの大会で優勝できて飛び跳ねて喜んだり。

スマッシュブラザーズで強い人同士が集まって、隣町同士の対戦をしたり。

それがきっかけで違う小学校の人と友達になったり。

いろんないいことがありました。

むしろ悪いことはありませんでした。

ゲームのおかげで論理的思考も身についたと思います。

要は、ゲームは利用する側のさじ加減で良し悪しが決まるということです。

ゲーム依存症とゲームは悪というのは結び付けないで欲しい

私からお願いです。

ゲーム依存症は、生活に支障をきたすレベルなので直す必要があると思いますが、ゲームプレイヤーみんなが依存症になっているわけではありません。

1日20時間以上プレイしている人でも、日常生活はしっかりしている人もたくさんいます。

YouTuberさんを見てください。

楽しそうにプレイしてますよね?

配信できている時点で日常生活しっかりできてますね。

なので、ゲームは悪というものと依存症を結びつけるのはおかしいんです。

ゲームも学べることたくさんあります。

ゲームがきっかけで人との出会いもあります。

友情が芽生えたり仲間意識を醸成してくれることもあります。

いいこともあるんです。

これが言いたかったw

というわけでゲーム好きな私が語りました。

ゲーム好きな人が少しでも過ごしやすい環境ができることを祈っています。

それでは。

新時代はネット戦国時代だ!【人間と機会が共存する世界】

こんばんは。

牛島です。

今回はタイトルの通り、

「新時代はネット戦国時代だ!」

というテーマで進めていきたいと思います。

時代が平成から令和に切り替わり世界情勢もますます変化を見せています。

モバイル通信回線も4Gから5Gへ変化をするところまできています。

この時代の変化もネットの世界がもたらすものですね。

そこで、どうしたらネット戦国時代に生き残れるのかを考察してみました。

それではどうぞ!

ネット戦国時代はAIの時代の幕開けである!

今の時代は変化の早い時代ですが、インターネットがだいたい世の中に普及しきったので、次なる変化はAI(人工知能)の導入です。

人工知能の利用価値は多岐に渡ります。

ここにビジネスチャンスが莫大な数ほど眠っているとも言われています。

ほとんどの人はAIについて知らなくても大丈夫と思っているかもしれませんが、実は知らないと大変なことになる恐れがあります。

それは、

「今まで人間がやっていたほとんどの仕事がなくなる」

ということです。

このことに気づくかどうかで戦国時代をいき抜けるかどうかが変わってきます。

AI時代の到来でなくなる仕事は一体なに?

まず最初にどんな仕事がなくなると思いますか?

昔からどんどん変化しているものでわかりやすいものがあります。

それは、電車の改札です。

昔は、人が切符を確認していました。

現在は、自動改札機が切符を確認し処理しています。

これが改札の進化ですが、他の例をあげてAIに変わるものをお伝えします。

もっとも変化が早いと言われている仕事が、

「レジ仕事」

です。

現在は、ほとんどのところで人間がレジ仕事をしていると思いますが、たまに見かけるセルフレジを知りませんか?

あれはAIで会計をする先駆けと言っても過言ではありません。

徐々に進化しつつあるレジ仕事ですが、近い将来完全無人化となる可能性が出てきています。

すでに、完全無人化コンビニも試験運用されているところもあります。

これらが普及してくるとレジ仕事で人間が必要なくなるので、全てAIに変わります。

このような理由からレジ仕事は無くなります。

こう言った人間がやっていた単純作業は全てAIが学習しながらできるようになるため、

「人間にしかできない作業」

以外は全てなくなる仕事だと思っていいと思います。

モバイル回線の5G時代での変化が楽しみ

私がネット戦国時代で一番楽しみにしていることがあります。

それは、モバイル回線が5Gに変わることです。

なぜ楽しみにしているかと言いますと、

5Gに変わることで、

・動画市場の活性化

・ゲーム業界の活性化

・ARやVRの復旧、活性化

をするからです。

特にゲーム業界の変化が大きくなると言われている、

「GoogleのStadia(ステイディア)」

が楽しみで仕方ありません。

詳しいことは自分で検索して欲しいのでここには書きませんが、

これはすごく期待しています。

これが普及することでゲーム実況者も盛り上がり、ゲーム動画投稿者やプロゲーマー養成などなど色々なビジネスも広がっていくと考えています。

私もゲーム大好きなので、プレイヤーとしても発信者としてもどちらでも活躍したいと考えています。

このようにネット戦国時代は色々な変化があるので、生き残るためにすべきことや楽しめることもあります。

自分のアンテナを常に高くして時代の変化を感じ、適応していきましょう!

それではこの辺で。

新社会人へ届け!過去の自分にも教えたい事【入社して約2ヶ月が経過】

こんばんは。

牛島です。

今回は、タイトルにある通り、

「新社会人へ届け!過去の自分にも教えたい事」

というテーマでお話ししていきます。

なぜこのようなテーマにしたかと言いますと、入社してからそろそろ2ヶ月が丸々経過しようとしているところです。

まだ2ヶ月しかいないと思う人もいれば、

もう2ヶ月もいるのかーと思う人もいます。

はたまた、もう辞めたいと思う人もいるかもしれません。

いろんな思いがあるからこそ私が経験したことをシェアして少しでも役立ててもらえたらいいなと思いこのテーマとしました。

まだ2ヶ月しかたっていないと思っている人。そうじゃない人。辞めたい人。

確かに2ヶ月という期間は、研修も含めたらまだ始まったばかりの印象ですね。

実際に私も研修が1ヶ月以上あった経験を持っているので、同じことを思っていました。

しかしながらどうでしょう?

この2ヶ月という期間は会社に所属していることにだけフォーカスをしているとそのような考え方や視点になってしまいます。

2ヶ月は会社に所属しているだけなら40日程度。

プライベートも含めたら60日間あるんです。

60日もあったらかなりのことができます。

新入社員として会社に入った人は、

「会社に貢献しなくちゃ」

「失敗は絶対にいけないことだ」

「早く仕事覚えなくちゃ」

などなど焦ることばかりです。

実際に早く仕事を覚えてくれる人は会社に貢献するのが早まりますし、自己満足度も向上すると思います。

ここで過去の私に伝えたいことがあります。

「プライベートの時間を遊びだけに使うのは勿体無い。未来に繋がる自己投資をしよう」

ということです。

遊びは一般的に浪費です。

遊びにも経験値をあげるという目的があれば投資になります。

今回お話しするのは自己投資のお話しです。

「自分の好きなことや気になったことなんでもいいので、SNSや無料ブログで発信し続けよう。」

これが未来へ繋がる投資になるんです。

たったこれだけなのに。

でもたったこれだけが、プライベート時間でできていなかったのが現実です。

だからこそ、今を生きる皆さんには、

「常に発信し続ける」

ということを意識して欲しいと思っています。

もう2ヶ月たってしまったと思っている人は、もっと時間の使い方を意識しましょう。

おそらく時間の浪費が多すぎて時間の経過が早く感じるんだと思います。

会社を辞めたい人はおそらく、

「すごく真面目で真摯な人が多い」

と思っています。

そこまで自分を責めなくても大丈夫です。

最悪会社を辞めたってダメージはそんなに喰らいません。

どうしてもダメなら辞めてもいいやって思って仕事すると結構気持ち楽になりますよ。

過去の私もそうでしたからw

会社の上司や先輩に、

「あと1年で仕事やめるかもしれないから大丈夫です」

ってよく言っていましたw

過去の自分へ最後に伝えたいこと。

最後に過去の自分へこれだけは絶対に伝えたいことを話します。

それは、

「会社に順応するな。自分を忘れるな。従うだけが脳じゃない。意見があるならしっかり言え!論理的に意見をいうのを忘れるな。自己投資は継続しろ。必ず未来が明るくなるから。どんな形でもいい、SNSでもブログでも発信を続けるんだ。」

です。

本当はもっといっぱいあるんですが、これだけは絶対に伝えたいことです。

もし過去の自分にワープして伝えられるなら伝えてあげたいです。

確実に未来が変化すると思います。

というわけで長くなりましたが、

「新社会人の皆さん!無理は絶対するな!興味あることだけでもいいからやるんだ!」

です!

以上

それでは。

三日坊主も連続してできたら継続になる【継続は力なり】

こんばんは。

牛島です。

今回は、タイトルにもあるように

「三日坊主を連続してできたら継続になる」

というテーマでお話をしていきます。

なぜこのような記事を書こうと思ったかと言いますと、

なかなか継続できなかった自分が継続できるようになってきたので、なぜなんだろうと自問自答していたらある答えにたどり着いたからです。

それでは行ってみましょう。

何事も継続することは難しい。

どんなことでも継続することって難しいですよね。

日常生活で生まれてからずっとやってきていること。

例えば

・ご飯食べる

・歯を磨く

・着替える

・お風呂はいる

などなど。

これらはよっぽどのことがない限り継続できないことではないと思います。

それはなぜなのかと言いますと、無意識に習慣化されているからです。

しかし、

・英語学習

・資格勉強

・受験勉強

・ブログ更新

・動画投稿

などなど。

自分にメリットがあるにも関わらず、なぜか継続できないことはありませんか?

理由は簡単なんです。

「本当にやりたいと心から思っていないから」

です。

深層心理で「やらされ感や義務感を感じている」から継続できなくなってしまうのです。

そして、トドメは「やらなければならない」という自分への足かせ。

これらの相乗効果で結果的に、

「やりたくない」

という気持ちになります。

やりたくない気持ちになる時が多くなるので、

「継続は難しい」

ということになってしまいます。

昔からよく聞く三日坊主はダメなことなのか?

昔から聞く言葉で、

「三日坊主」

という言葉をご存知の方も多いのではないでしょうか?

そして、大半の人がこの三日坊主を経験したことがあるのではないでしょうか?

かくいう私も三日坊主マスターですw

ほとんどのことを三日坊主で終わらせることができるマスターですw

新しいことが大好きな私ですが、三日坊主で終わってしまうことが多いので周囲からは、

「また新しいこと始めたのー?どうせ三日坊主で終わるからやめなーw」

という助言をいただきます。

そこで私は疑問を持ちました。

「どうして自分のことなのに、三日坊主になるという決めつけでやめろと言われなければならないのか?」

ということです。

だって自分のことなのに周囲の関係ない人からやめろって言われるのおかしくないですか?w

言われる理由が三日坊主になるかもしれないからという不確定要素w

そして、三日坊主を悪くいう謎の考え方。

果たして三日坊主は悪いことなのでしょうか?

無駄なことなのでしょうか?

結論から言いますと、

「無駄じゃありません。むしろプラスになります。」

ではなんでこのような結論に至ったかという話をしていきます。

三日坊主は素晴らしい!

三日坊主について持論を話しますね。

経験をもとにしたことなので、参考になるかもしれません。

なぜ三日坊主が素晴らしいかと言いますと、

・自分が何を好きなのか仕分けができる

・継続してできることを見つける土台になる

・様々な経験をすることで、視野が広がる

・自分に合わないことをダラダラと続けなくてもいい

これらの理由から素晴らしいと私は思います。

実際に私も三日坊主マスターなので、いろんなことを始めてはやめてを繰り返していました。

しかしながら、現在はこうしてブログを毎日更新しています。

最初は、1日起きとか1週間おきとか1ヶ月おきだったんです。

しかし、三日坊主も継続することで、

3日が6日になり、

6日が9日になります。

この連鎖でずっと続くとすごい継続になるわけです。

作業をするときのマインドは常に、

「三日坊主でもいいからやってみよう」

ということです。

途中でやめたくなっても、三日坊主でいいというマインドなら自分を縛り付けるものが何もないので、心に余裕を持つことができます。

これの余裕が継続の力になっているんだと私は思います。

現在10日連続更新ができている私は、人生初の継続日数となっていますw

三日坊主を3回継続できたのがよかったのだと思いますw

というわけで、三日坊主でもいいのでいろんなことにチャレンジしてみてください!

それではこの辺で。

やる気は存在しないというのは本当なのか?

こんばんは。

牛島です。

今回は、タイトルのあるように、

「やる気は存在しないというのは本当なのか?」

というテーマでお話ししたいと思います。

皆さんはやる気についてどのようなイメージを持っていますか?

「今日はやる気でないから明日やる」

「やる気がみなぎるから今日やっちゃう!」

など、ポジティブとネガティブの両方で使われることが多いやる気という言葉。

しかし、このやる気について存在しないとお話をしている方がいましたので、今回私も考えてみました。

やる気とはなんなのか?

そもそもやる気とはなんなのか調べてみました。

国語辞書ではこのように書いてあります。

「進んで物事を成し遂げようとする気持ち」

ようは、自分から行動して何か結果を出そうとすることですね。

なんとなくイメージしている人が多いんですが、言葉にするとこのような感じになるんです。

そもそもやる気という言葉は誰が作ったのでしょうか?

もともとあった言葉なのでしょうか?

東京大学の脳研究者の方が話されていましたが、

「やる気という言葉は、やる気のない人によって創作された虚構」

というものだそうです。

要するに、科学的に「やる気」というものは存在しないと断言しているということになります。

私の好きなブロガーの方も動画でやる気について語っています。

最近よくみるブロガーさんで、

「坂内学さん」

という方がいるんですが、YouTubeもやっていてそこでやる気についてお話されていました。

その動画を紹介しているツイッターはこちらです。

この方もやる気は存在しないという話をされています。

確かに考えてみたら、やる気という言葉に振り回されていたなということが過去を振り返るとあることに気づきました。

「今日はなんとなくやる気ないから、ブログ書くのやめよっと」

とか結構あったなーという印象です。

でも実際にこのやる気という概念は、自分が都合の良い言い訳にしていたに過ぎないと最近わかってきました。

その気づいたきっかけになった出来事は、

「やる気ないと思っていたけど、パソコンの電源入れてWordPress開いたら1記事書き終わっていた」

というものです。

やる気ないはずなのに結果的に記事を書き終えることができていたんです。

このことから、マナブさんが動画内でお話をしているように、

「少しでも行動を起こせばやる気関係なく何かを継続することができる」

ということです。

「ブログも1行だけ書いたらご褒美に遊ぶ」と決めても、1行だけ書く人ってほとんどいないんですw

それ以上書いてしまうし、なんなら終わるまで書きたいと途中から思ってくるのが人間なんです。

このように初速だけつけることができれば慣性の法則のようにゆっくりでも着実に動き出せます。

よって、やる気という概念は存在しないという結論に私はなりました。

実際にやる気は存在するよって方もいると思いますが、その人はその人の意見でいいと思います。

しかしながら、私はやる気という概念を持っていても何もいいことがないと結論に至ったので、今回のような考え方になりました。

今回の結論はあくまでも私の意見ですので、誤解しないようにお願いします。

それではこの辺で。

若い世代が年収を底上げしていく時代に突入【若い力は偉大】

こんばんは。

牛島です。

今回は、タイトル通りですが、

「若い世代がものすごい勢いで年収や収入を伸ばしている」

ことについて話していきます。

小学生から高校生でもサラリーマンより稼ぐ時代

最近よく聞く言葉で、

「YouTuberとか動画投稿などの趣味、ブログ、プログラミングなど」

があります。

昔は稼ぐ手段が

「リアルビジネス」

であることがほとんどだったため、年齢制限が物理的にあったのでビジネスを気軽にすることができませんでした。

しかしながら今の時代は、インターネットが普及し気軽に動画投稿やSNSでの発信ができるようになりました。

このような環境の変化を敏感に感じ取った若い世代が行動を起こしていることで、サラリーマン年収よりもはるか上を稼ぐような時代になりました。

ツイッターとかでも、

「月10万円安定して稼げるようになりました」

とか中学生でも見かけるようになりました。

この収入源は、ブログだったり動画投稿だったり、SNSでの情報発信で有益な情報の販売をしたり色々とあります。

社会人になっても稼げる人と稼げない人の二極化が進んでいる

社会人になっても、若い世代は稼げるが増えています。

学生時代から稼いでそのまま加速するパターンもあります。

しかしながら、何も行動してこなかったグループは社会人になっても給与所得以外ありません。

これが、若い世代で発生している二極化です。

経済力がある人とそうでない人。

同じ20歳でも差がかなりあります。

学生時代から起業して個人事業主として活動している人が社会人になって法人化していくケースも多いです。

このようなステップを踏んで行けるのは、学生時代でも自分に限界を決めずに行動を続けた人だけです。

極論、

「行動力が全て」

です。

最後に行動するコツをお伝えします。

今回は最後に稼げる若い世代をもっと増やしたい気持ちがあるので、ここで行動をするコツをお伝えしようと思います。

行動したいと思っている人は、ネットリテラシーが高いのでこの記事を見つけてくれると思っています。

行動するコツについてですが、

・毎日作業する時間を決める

・作業するかしないか迷うのではなく、とりあえず取り掛かる

・まずは3日間続けてみる。その次は1週間。

・飽きたらやめて、やってみたいことをまた始める。

この4つで十分に行動力が上がります。

私もこの4つで行動しています。

例えば、ブログを書こうとするとき、

決めた時間に作業をするようにしているので、何も考えず作業に取りかかれます。

そして、その日にブログを書こうかどうしようか迷わないということが重要です。

迷うと人間は楽な方に理由づけしてやらなくなるので、選択する時間を作らないというのが大切ですね。

また、とりあえず3日間続けることを意識してやってみて、つまらなかったり続けるのが辛かったら新しいやりたいことを見つけて、それをまた3日間やってみる。

というスタンスでいいと思います。

つまらないことを無理に続けても結果的にやらなくなります。

そうなると意味がないので、続けられることを見つけるのが最強の行動するコツです。

というわけで、今回の記事内容が少しでも役立てたら幸いです。

それではこの辺で!