【考え方が貧乏か裕福か】その人のマインドは話を聞くだけでわかる。

こんばんは。

牛島です。

今回は、

「その人のマインドは話を聞くだけでわかる」

というテーマでお話します。

 

世の中にはいろんな考え方を持つ人がいると思います。

とてもいいことです。

十人十色というくらい人の数ほど考え方があった方がいいですからね。

しかし、

少しだけ視点を引いてみると、

ちょっとだけ見え方が変わってくる人たちがいます。

それは、私が大嫌いな評論家やジャーナリストの人と同じ考え方をする人たちです。

率直にどんな人なのか言いますと、

「批判しかしない人」

です。

このような人のマインドについて話を聞くだけでわかってくるので

私の体験談を交えてお話しようと思います。

どんな考え方だと貧乏な考え方になるのか?

皆さんはこんなひと周りにいませんか?

・とにかく批判する人

・言い訳だけは一流の人

・改善提案ができない人

いませんか?

これらに思いっきり該当する人は正直言って

「貧乏な考え方しかできない人」

だと私は断言します。

なぜなら、

「批判すると自分も相手もマイナスになり、改善提案もできないからそれ以上よくならない」

からです。

要は、マイナスにしかならないし、プラスには絶対にならないからです。

何してもマイナスになり続けるので、

いろんなことで貧乏となってきます。

裕福な人の考え方はどのようなものか?

 

私が今まで接触させていただいたお金持ちと言われている方や、起業家で成功されている方は下記のような特徴がありました。

・相手の意見を絶対に否定しない

・肯定した上で自分の意見を言う

・マイナスになるようなことは言わない

・自分なりの解決方法を提示してくれる

・批判は絶対にしない

以上のようなものでした。

とにかく話をしていても、嫌な気分にはならないんです。

むしろ、しっかりと話を聞いて頂けるし、自分が足りない部分はアドバイスをくれたり解決方法を経験から導き出したりしてくれます。

とにかく行動全てがプラスになるように働いていました。

貧乏マインドの人は変われないのか?

結論から言います。

「絶対に変われます。」

ただし、条件があります。

 

「本人が変わろうと思っているかどうか」

これだけです。

そして、これがめちゃくちゃ重要。

 

本当に重要です。

人から変われますよって言われても、

「別に今のままでいいや」

って思ってたら変われません。

なので、ここから先は自分は変われるって思える人だけ読み続けてください。

 

 

と言うわけで、

貧乏マインドから抜け出す方法ですが、

 

・絶対に相手を否定しない。

・相手の話を聞いてから、自分の意見を言うようにする。

・建設的な考え方を普段から意識する。

・マイナスなことはなるべく言わないようにする。

・無理はしない。

以上です。

これだけ意識できれば、1年以内には変わると思います。

人間の意識的習慣って言うものは、

1年単位でかかるものなので、毎日自分が見れる場所に忘れないように書いておくといいと思います。

こうして意識を毎日続けて行ければ、

 

考え方が変われば行動が変わる

行動が変われば習慣が変わる

習慣が変われば生活が変わる

生活が変われば人生が変わる

 

と言う感じなので、

是非とも実践していただけたらと思います。

それではこの辺で。

【人それぞれ】青春とはなんなのか?

こんばんは。

牛島です。

今日はちょっといつもと違ったテイストのテーマにしました。

「青春とはなんなのか?」

これについてお話します。

なぜこのテーマにしたかと言いますと、

ツイッターで気になる発信をしている人がいたからです。

どんな発信かと言いますと、

  • 学生なのに青春を楽しんでなさそう
  • もっと遊んだ方がいいと思う
  • そもそも本当に中学生なの?
  • 学生時代は時間あるんだから、今のうちに楽しまないと
  • そもそも学生で起業って何するの?
  • 知見も知識も経験も限られているのに何ができるの?

などなど。

このような意見が他にも書かれていました。

これをみて私が思うところがあったので、テーマとして選びました。

青春ってなに?

これを知らなければ始まらないので、ちょっと調べてみました。

青春とは、元はを表す言葉である。

陰陽五行思想において、「春」は15歳から29歳を表す。これらの意味が転じて、日本では特に「青春」について人生における若々しく元気で力に溢れた時代を指すようになった。

日本では夏目漱石の「三四郎」のヒットを機に定着したと言われており、同書の『考えるには、青春の血が、あまりにも若すぎる』に代表される、若者の焦りや葛藤を表す表現が、現代に至るまでの青春のイメージを定着させたと言われる。

引用元:Wikipedia

このように若い時代に元気に過ごすことが青春というものだと認識しています。

ビジネスを志す学生たちは本当に青春を楽しんでいないのか?

ツイッターの発信であったように、

「学生は青春を楽しんでいない」

というのは本当なのか?

私の意見をここに書きます。

まず、

楽しんでいるかどうかは本人次第だということ。

他人にとやかく言われる筋合いもないと思う。

また、昔と今の青春は違うものだと思っているので、

全く違う形の青春もあっていいと思う。

よって、ビジネスを志している今の学生さんたちは全力で毎日を生きている人が多いと思いますので、

青春をしっかりと楽しんでいるのでは?と思います。

大人も子供も同じ土俵に立っている時代

私は、今の時代大人も子供も同じ土俵にたつ時代になってきていると感じます。

それはなぜかと言いますと、

「使えるリソース(情報源など)を得る手段がインターネットを使うことで同じ条件となるから」

です。

だから、起業を小学生からしようと思ったらできるし、中学生でもっと高度なことをやったりできます。

高校生になったら人脈も広がりを見せて、もっともっと活躍の幅が広がると思います。

なので、私は今の大人たちはもっと学生さんたちを応援すべきだし批判する暇があるなら自分たちもやるべきだと思います。

新社会人の方へ伝えたいシリーズ〜貯金ばかりでは損が増える話〜【パート7】

こんばんは。

牛島です。

今回のテーマも新社会人の方へ伝えたいシリーズをお伝えします。

内容はと言いますと、

「貯金ばかりではそんが増える話」

をしていきます。

新社会人になってまず会社が推奨すること、

それは

「貯金」

です。

自分の収入の10%くらいを毎月貯金するように言われると思います。

または、財形貯蓄などをするように誘導されますね。

これは悪くないんですが、貯金だけをし続けることで損失が増えていくよっていう話をしていきます。

貯金をし続けると損失が増える話。

貯金をしている方も多いと思います。

実家に住みながら仕事をしている人ならなおさら貯金ができるのではないでしょうか?

それでは貯金の目的は何ですか?

いくら貯めるのが目標ですか?

 

 

この質問に答えられる人は10%もいません。

 

なぜなら、

「貯金をした方が将来の不安がなくなるから」

と脳内に刷り込まれているからです。

子供時代から貯金は正義でした。

不測の事態になった時、貯金があると対応できるという謳い文句で貯金は正義のような風潮がありました。

昔は銀行利息も高かったので、貯金していても得することが多かったと思います。

しかし今はどうでしょうか?

利息なんて雀の涙ほどしかもらえません。

そのため、目的の無い貯金は私は推奨してないんです。

「不測の事態に必要なお金はいくらなの?」

と聞いても答えられる人はいません。

だったら目的も目標も無い貯金など意味がないからです。

そして、目的のない貯金をしながら生活することで、

いろんな人との出会いや美味しい食事の経験、

そして、知見や知識を広める機会を失っているかもしれないんです。

これらは旅行やセミナー、遊びを通じて手に入れることができるものです。

要は、

「お金を使わないと手に入らないもの」

なのです。

貯金をし続けることで、使うお金を制限していくことでこのような機会を失っているんです。

そのため、

「チャンスを失うくらいなら貯金はしなくてもいい、全額自分に投資しろ」

と思っています。

もちろん、株式や不動産、外国為替などに投資予定があって、まとまったお金が必要という目的などがあるなら貯金は立派なものだと思います。

目的がないなら、今あるチャンスに投資すべきだと私は思います。

貯金について最後に一言。

貯金というと一般的に銀行に預けることが多いと思います。

しかし、よく考えてみてください。

銀行に預ける=銀行にお金を貸している状態

と同じになるんです。

みなさんが貯金して預けているお金を融資などに使いお金を稼いでいるのが銀行です。

なので、もっと効率の良い貯金をすることをお勧めします。

たとえば、

「暗号資産や外国為替」

です。

預けているだけで資産が上下しますが、市場が上向きの時は儲けがかなり出ます。

銀行に預けているよりはるかに投資効率がいいです。

貯金するだけで投資にもなる方法を選ぶべきだと思います。

タンス貯金や銀行貯金のような昔の神話みたいなものをいまだに信じるよりは、

もっと賢く貯金をした方がいいと思います。

あくまで私の個人的見解ですので、強制はしません。

参考にしていただけたら幸いです。

新社会人の方へ伝えたいシリーズ〜入社後、学力=仕事力にはならない〜【パート6】

こんばんは。

牛島です。

今日のテーマなんですけど、

久しぶりに新社会人のかたへ伝えたいシリーズをやります。

「入社後は学力=仕事力にならない」

についてお話を経験談を元にしていきます。

新社会人の方は入社して間も無く3ヶ月が経過しようとしていますね。

どうですか?

慣れましたか?

もうすぐ夏季休暇もくるような季節です。

今回は、仕事ができる人は学歴も高くて頭もいいのか?

という疑問についてお話をしていきます。

学歴によるメリットはなに?

入社するときに学歴を重要視してきた人はたくさんいると思います。

そもそも学歴がないと入社できない人も多くいるからです。

しかしながら、現実世界にはそうでもない人もたくさんいます。

ポテンシャル採用という形の採用枠で入社してくる人です。

それでは、学歴の差で何が変わってくるのでしょうか?

結論は、

「給料と昇級のスピード」

だけです。

これだけです。

高学歴ほど昇級スピードが早いので、給料も増えるのが早い。

低学歴は標準的な感じです。

ただし、高学歴の方が仕事量も多く出張や転勤もたくさんあるので、自由な時間は少ないと言えます。

低学歴は一般的な仕事を任されるので、可もなく不可もなくといったところです。

結論、学歴=仕事力にならないは本当か?

学力=仕事力にならないは本当なのかお伝えします。

「学力=仕事力にはならないのは本当です」

これは私が仕事場で何にもの高学歴者と一緒に仕事をする中で確信したことです。

全員がそうではないのですが、半数くらいは仕事ができない人が多かったです。

高卒社員より仕事ができない人もいましたし、

「本当に大学出たの?」

っていうレベルの人もいました。

ちなみにその人たちは、

東大や早稲田、慶應などなど。

名だたる大学の方達です。

そんな高学歴な人なのに仕事ができないわけです。

しかし、これは当たり前の話なんです。

仕事は勉強とは違って、現場での即判断力や応用力が試されるので、

自分からいかに解決できるか?

などの学力とは違う能力が必要となるからです。

新社会人の学歴を気にしている方へ送る言葉。

最後に、学歴を気にしていながら働いている新社会人の方へ送ります。

 

  • 学歴なんか会社内では関係ない
  • 仕事ができるかどうかで評価されるだけ
  • 高学歴が論理的なことを言ってきたら、「で、それやりました?」って言ってやれ
  • 高学歴の仕事できない人はだいたい口だけの妄想野郎です
  • 現場も知らない人が何もわからないです
  • 媚を売る必要はない、自分らしくいることを大切にしろ
  • 自分は自分だという信念を持って仕事をしてください

 

悩める皆さんへ。

これからまだまだ先は長いけど、短いかもしれません。

いろんな人生の分岐点があるかもしれませんが、今を全力で生きることができたらそれは素晴らしいことです。

ぜひ全力で毎日を過ごしていただけると嬉しいです。

【夢中】何かに没頭することが最短で成功する方法である。

こんばんは。

牛島です。

 

今回は、昨日読書した時の内容をシェアしながらお話をしていこうと思います。

ちなみにテーマは、

「何かに没頭することが最短で成功する方法である」

です。

読書した本ですが、与沢翼さんの

「ブチ抜く力」

です。

これを読んでから与沢さんの見え方が180度変わりました。

個人的に必読の本です。

役に立つ可能性大です。

それでは本題に移ります。

何かに没頭した経験ありませんか?

皆さんは何かに没頭した経験ありませんか??

社会人になってから何かを夢中でやることや没頭することがなくなったという人がかなり多くいます。

かくいう私もその一人でした。

時間に忙殺されて何もできる暇もなく毎日がすぎていく。

これを毎日長期間繰り返すことでいつの間にか、没頭することを忘れてしまうんです。

誰でも没頭した経験があるはずです。

思い出してください。

幼少期を。

遊びに夢中だったり、食事に夢中だったり。

いろんなことに興味を持って一生懸命でした。

これってすごく自然なことなんです。

要するに、

「没頭することは自然なこと」

なんです。

幼少期から身についている能力があるんです。

それなのに社会人になった途端、環境による変化で没頭することがなくなる。

これってすごくもったいないことです。

全ての分野共通。最短成功方法とは?

与沢さんの著書に記載がありました。

「一つのことに魂を売り、ブチ抜いていこう」

※「ブチ抜く力」から引用

まさにこの通りなんです。

与沢さんのエピソードが載っていましたが、

彼はダイエットも成功しています。

90キロぐらいから69キロ台まで落としたんです。しかも2ヶ月ほどで。

この時は28日の断食とその他とのトレーニングやダイエットを本気でしたそうです。

何事にも全力であることはもちろん、

一つのことにとにかく集中しているという点が重要とのこと。

他のことを色々とやっている時間があると、

「一つのことに魂を売っていない」

ことになるので、成功までの時間が長くなります。

あるたとえ話もしていました。

人間は我慢強い生き物ではないので、長期目標は達成しにくいとうことがあるそうです。

1ヶ月で10億円稼ぐ目標と1年で10億円稼ぐ目標を例にとると、

一見して後者が現実味を帯びているんですが、

実際は、前者の方が達成する確率が高いんだそうでう。

短期的な我慢はできるのが人間の性質だからという理由もあるようでした。

何かを成し遂げたいというものがある方は、

一つのことにとにかく集中することが大切ですね。

【脳内整理】頭ん中いっぱいになったらやること。

こんばんは。

牛島です。

今回は、

「頭ん中いっぱいになったらやること」

をテーマにしてお話をしていきます。

日常生活をしていると、自然と脳内に入ってくる情報量はかなりのものになります。

気づかないうちに脳内が疲れてインプット力が低下していくので、物覚えが悪くなったりします。

これを防ぐ手段として、脳内整理が有効です。

では、脳内整理とはどのようなことをすれば良いのかをこの記事でお伝えします。

脳内の整理はこうしてやれっ!

私が実践している方法を今回シェアしたいと思います。

ちなみにちょっとだけ呟いた内容のTwitterはこちらです。

https://twitter.com/TOSHIHIKO4444/status/1143471546335285248

まず、下記の準備をしてください。

  • すぐにノートを用意
  • 書くものを用意
  • 消しゴムは捨てる

これで準備オッケーです。

頭の中がいっぱいなので、ノートに思い浮かぶこと全てを書いていきます。

書けなくなるまで書きます。

種類や分野などは分け隔てなくとにかく書きます。

書き方などもこだわらず書きます。

そして、書けなくなったら終わります。

はい。

これだけで脳内整理が完了しました。

どうですか?

簡単でしょ?

でもこれをすると脳みその外に一回アウトプットしたことになるので、

脳内的には疲労感が少し緩和されます。

なので、定期的にこれを行うことで脳内整理ができていい感じになります。

ちなみに、アウトプットしたことはノートに書いてあるので、今回忘れても

問題ありませんw

記録も残るし頭もスッキリするのでかなりいいですね。

余裕があるときは、月一回くらいで脳内整理ノートを見返して、

必要なものとそうでないものを書き出しながら分けて選別すると

今後の役にたちます。

ぜひお試しください。

とにかく頭を空っぽにしたい人はこちら!

記録なんかどうでもいい!

とにかく頭を空っぽにしたい!!!

という方は、こちらの方法を実践してみてください。

まず、下記のものを準備します。

  • ホワイトボード
  • 黒ペン
  • ボードマーカー消し

以上です。

これで準備完了なので早速はじめます。

ホワイトボードに書きたいことを書きます。

隙間なく書きます。

そして、書くところがなくなったら、一旦ボードをみて一呼吸します。

そして、思いっきり消します。

全部消します。

そして、また書きます。

隙間なく書きます。

また一呼吸。

そして、消す。

全部消す。

とにかくこれを繰り返すだけです。

こうすることで、頭の中にあるもの全てをホワイトボードへ書き込んだことになるので、スッキリします。

記録はできないけど、その分なんでも書けるメリットもあるので、愚痴だったり普段言えないことだったり。

こういうのが書けるのもいいかもしれません。

というわけで、脳内整理の方法をお伝えしました!

是非実践してみてくださいね。

【学び】ブログで読みやすい記事を書くコツを勉強しました【内容をシェア】

こんばんは。

牛島です。

今回ですが、ブログ記事を書くうえで読みやすい記事を書くコツについて、

いつもお世話になっているマナブログ運営者の坂内学さんが情報シェアしてくれていましたので、それをみて勉強した内容をシェアします。

私の最大の悩みであった記事の書き方や内容について、どんピシャで情報提供してくれていたので、本当に助かりました。

おそらく他の方も同じような人がいると思いますので参考にしていただけたらと思います。

文章を書くコツ7か条とは

文章を書くコツを紹介してくださっていたので、情報をシェアします。

コツとしては、

  1. 300記事書く
  2. 結論を先に書く
  3. 箇条書きを多用する
  4. 文法は無視
  5. 漢字を連続して使わない
  6. 改行や装飾を行う
  7. 画像の挿入を適度にする

 

この7つです。

☆300記事を書く

まず最初にハードルが高いのが300記事を書くことについてですが、

このことの本質は

「量質転換の法則」

だと思っております。

要するに、

「たくさんやるだけ質が上がってくる」

というものです。

なので、最初は1000本ノックのごとくとにかくたくさんの記事を書くことを意識することで読まれやすい記事がかけるようになるということだと理解しました。

☆結論から先に書く

これは、その記事について何が言いたいのかを先に書くことで読者に理解してもらいやすくなる効果があるのだと理解しました。

前振りが長くて何を言いたいのかわからず、読むのを途中でやめてしまったらせっかくの記事も台無しですからね。

☆箇条書きを多用する

箇条書きは物事を簡潔にまとめているので、見た目も非常に読みやすいですね。

なので、伝えたいことが複数ある場合は箇条書きが最強だと理解しました。

☆文法は無視する

これは、日本語をめちゃくちゃに書いてもいいというものではありません。

文法をきっちり気にしていると記事が全く書けなくなってしまうからだと理解しています。

文法よりも伝えたいことをしっかりと書くことが重要です。

自分らしさが失われてしまいますからね。

☆漢字を連続して使用しない

これは見た目の問題ですね。

私なりに例をあげると、

「私は今日実家毎日宿泊する」

よりも

「私は、今日から実家に行って毎日宿泊することにしました」

の方がみた感じ読みやすいです。

それと連続すると難しい感じがしてしまうので、なるべくわかりやすくなるように漢字の連続使用はやめていくのがいいと思います。

☆改行や装飾を使う

これも読みやすさを重視するときに意識すべき点ですね。

例をあげると

「○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○」

よりも、

「○○○○○○○○○○○○○○○○○○

○○○○○○○○○○○○○○○○○○

○○○○○○○○○○○○○○○○○○」

とか

「○○○○○○○○○○○○○○○○○○

○○○○○○○○○○○○○○○○○○

○○○○○○○○○○○○○○○○○○

の方がわかりやすく表現できるからです。

改行もすごく重要だと思っています。

永遠と字を並べていくと読んでいる方が疲れるので、

ある程度の文字数で改行することが私もいいと思っています。

☆画像を挿入する

記事のイメージにあった画像を挿入することで、

視覚的にどんな記事なのか想像ができます。

また、見た目も字だけよりみやすい感じがするので、

画像がある程度あった方が読みやすくなると感じました。

ブログを読みやすくするコツはしっかりやれば簡単

マナブさんの動画をみて感じたことは、

「7箇条を意識して300記事書けば簡単にできる」

ということです。

中には反論する人もいるでしょう。

「300記事なんて1年くらいかかりそうじゃないか」

などです。

でもそれくらい期間を書けて構築した経験は自分の資産になりますので、

それはそれでいいと私は思います。

また、長期間書けて本気で続けてきた経験は必ず自分のスキルになるので、

無駄になることはないと思っています。

なので、私はこの先もマナブさんの7箇条を信じて突き進んで行きます。

【体験談】利用できるものは利用しよう。会社も利用できます。

こんばんは。

牛島です。

今回はのテーマは

「利用できるものは利用しよう。会社も利用できます」

というものです。

なぜこのテーマを選んだかと言いますと、

こんなツイートがありました。

このツイート中での

「会社で頑張り安定を目指すとかだと逆に不安定になる」

というところがおそらく気になった人が多いのではないでしょうか?

今まで終身雇用制度を信じてきた人たちからしたら、

意味不明なことを言っていると思われるかもしれません。

この辺についても合わせてお話をしていきたいと思います。

利用できるものは利用する。冷たいかもしれませんが事実。

ここのお話をする前にタイトルを見ての反応は、

「ちょっと非人道的かな」

と思った人もいると思います。

しかしながら、自分が掲げる目的をしっかりと再認識してみてください。

状況が悪ければ悪いほど手段を選んでいる暇はないと思っています。

なので、利用できるものは利用した方がいいという話になります。

ちなみに詳しく説明すると、

私が推奨する利用するものは、すでに勤務している会社です。

これはすごくうまく利用できますので、是非とも利用することをおすすめします。

会社を利用しよう!私もそうしてました!

ほとんどの方が勤務されているであろう会社を利用するって考えたことありましたか?

少数派しか考えたことがないと思います。

しかし、これはすごく大切なことなのでお話します。

会社を利用するとは、

「福利厚生や住宅補助、環境や仕事内容」

全てを利用することです。

福利厚生は大きな会社ほどかなり手厚いものなので、例えば複業で使いたいパソコンとかを購入する資金の足しにしたりとか。

実際に私も福利厚生のポイントでほぼ全額補填してもらいながらパソコンを購入できました。

また、住宅補助なんかもかなり魅力的ですよね。

自分で満額払うよりは半分でも補助があった方が余った分を投資に回したりできますからね。

それと、仕事内容が営業や技術職の方だとそのままスキルアップに繋がるので、

他の会社に言ったりフリーランスになった時に活かせるスキルを持っているので次に繋がりやすいです。

退職するときなんかも、退職金がある程度でるのでお得です。

ここまで利用すればかなりいい感じです。

あとは、仕事を早く終わらせて仕事時間中に勉強したり複業の仕事をしたりもできます。

本業の仕事中に複業をやること自体はグレーゾーンですけど、そこはうまくやれれば問題ないと思います。

最終的には自分がどうしたいかで決まる。

なんでもそうなんですが、

最終的には自分がどうしたいのかが重要です。

「会社にお世話になっているから利用するなんて!!」

と思っている方は、今まで通りでいいでしょうし

「よっしゃ、利用してみよう」

と思った方は利用して次のステップへ行けばいいと思います。

実践する人は是非やってみてくださいね。

新社会人の方へ伝えたいシリーズ〜初ボーナスの使い道〜【パート5】

こんばんは。

牛島です。

今回は久しぶりの新社会人シリーズを書こうと思います。

テーマは、

「初ボーナスの使い道」

についてです。

6月もそろそろ終わる頃なので、初ボーナスをもらった方のいるのではないでしょうか?

そこまで多くないにしてももらえたら嬉しいものですよね。

そこで、そのボーナスをどのように使えば有意義なのか?

これについて私の主観も踏まえてお話をしたいと思います。

それではどうぞ。

初ボーナス事情はどうなっているのだろう?

新入社員のボーナスは6月〜7月に支給されることが多いと思います。

しかし、ボーナスといってもどこの企業も最初は多くないんです。

だいたい5万円程度といったところです。

実際に満額もらえるようになるのは冬のボーナスからになります。

なので今の時期は少なくてもこんなものだと思っておけば問題ありません。

ボーナスをどのように使っていくのか?

それでは、もらったボーナスをどのように使っていくのでしょうか?

一番多いのは、

「両親への恩返し」

です。

自分の両親へささやかなプレゼントをして恩返しするパターンが王道です。

また、いろんな使い道もあります。

例えば、

同期で旅行したり

美味しいものを食べたり

貯金したり

色々ありますね。

少なくても使い方は千差万別といったところです。

賢いボーナスの使い道とは?

私が思う賢い使い方をご紹介します。

これは、過去の私に伝えたいことでもあるのである程度の信頼度はあると思います。

どのように使うかと言いいますと、

・自己投資

・金融投資

・健康への投資

この3つです。

昔の私はもらったボーナス全部を遊びに使っていました。

遊びに使っても問題ないのですが、何も残らない使い方だったので今では少しだけ後悔しています。

初めは限られた資産しかいないので、いかに増やしていくのかを考えていく必要があるので、ボーナスの使い方は投資になるかと思います。

  1. 自己投資
    これはその名前の通り自分自身への投資です。
    自分を高めてくれるものへ投資をするんです。
    例えば、本を買って読書したり資格試験を受けて知見を広げたり。
    自己投資はもっとも投資効率の良い投資なので、個人的には一番おすすめです。
    ここで得たものは誰も奪うことができない価値があるので本当におすすめです。
  2. 金融投資
    これは、金融投資です。
    株や国債、外国為替などへの投資です。
    この投資方法は資本金が多くないと投資効率が悪いので、最初のうちは投資資金を貯金したり稼いだりして増やしていくことがおすすめです。
    10万円前後でもなんとかなるんですが、やはりリスクも高いので一瞬で資本金を全て失うこともありおすすめできません。
    なので、3つの中で優先順位は一番低い投資です。
    なお、資金がある方は優先的にやっていいと思います。
  3. 健康への投資
    ここは若い時には気づきにくいんですが、健康への投資は本当に重要です。
    特に20代の元気なうちからしっかりと健康への投資をしないとそれ以降の年代になるにつれて絶対に取り戻せなくなります。
    では、具体的に健康への投資とはどんなものがあるかお伝えします。
    代表的なものが、普段食べている食べ物です。
    ジャンクフードやファーストフード、ラーメン、揚げ物など普段安くてお腹いっぱいになるものを食べ続けると体が酸化して老化が進みます。
    もし食べるとするならば、食材にこだわっているハンバーガーや揚げ物などを食べることをおすすめします。
    お値段は高いですが、そのほうが体にはいいです。
    あとは、野菜にこだわったり自炊にこだわったり。
    筋トレするための道具を買ったりですね。
    これらをするだけで、本当に5年後10年後の自分が全然違います。
    信じるかどうかはあなた次第です。

いかがでしたでしょうか?

新社会人の皆さんはやることが多かったりで考える時間が少ないと思います。

なので、このようなサイトで情報を集めていただき役立ててもらえればと思います。

それではこの辺で。

 

【Twitter攻略】フォローとフォロワー数でわかることについて【仮面を剥がす】

こんばんは。

牛島です。

今回は、Twitter攻略ということで

「フォローとフォロワー数でわかることについて」

をテーマにしていきたいと思います。

なぜこのようなテーマにしたかと言いますと、

このようなツイートがあったからです。

フォロー数とフォロワー数の関係って非常に重要で、そこから見えてくるものもあるので、その辺について解説しようと思います。

それではどうぞ。

フォロー数とフォロワー数の関連性について

皆さんはTwitterをやるときに気になった人をフォローすると思います。

その時に、相手からフォローされることもありますよね。

これをフォローバック(フォロバ)というのですが、基本的にはこの形が一番普通の形になります。

それでは、有名人をみてみましょう。

今回登場していただくのは孫正義さんです。

この方のフォロー数とフォロワー数をご覧ください。

フォロー:79

フォロワー:2431955

フォロー数よりも圧倒的にフォロワー数の方が多いですよね。

これは有名人特有の現象で、この人の発信をみたい人がたくさんいるのでこのような形になります。

それでは、次の例をみてみましょう。

この方は、フォロー数もフォロワー数もものすごい数ですが、

フォロー数とフォロワー数を比較すると、

フォロー数の方が多いと思います。

この形は、フォローしてフォローを返してもらうことをたくさん繰り返した結果だと予想します。

そのほかの例でいくと、

フォロー数がフォロワー数よりも圧倒的に多いアカウントもあります。

これは、フォローを手当たり次第たくさんすることで、フォローバックをもらいながらフォロワーを増やす手法を試しているアカウントであることがわかります。

このようなアカウントは、影響力もなくアカウントを作ったばかりである可能性も高いので、あまり価値がないと言えます。

どのようなTwitterのやり方がいいのか?

では、情報発信をする人を目指す上でどのようなTwitterアカウントを作っていくことが望ましいのでしょう?

それは、フォロー数よりもフォロワー数を圧倒的に多くするアカウントがいいです。

例えば、この方はかなりいいと思います。

ツイート数が圧倒的に多くて、フォロー数が少なくフォロワー数が多いのが特徴的です。

この方は、毎日30以上のツイートをしており、中身もかなり充実している内容なので素晴らしい情報発信をされていました。

この方のTwitterのやり方をしていくと、発信をするたびに共感した人がフォローしてくれるので自然とフォロワー数が増えていきます。

ちなみに、上記の方と同じなのにツイートしても反応が一切ないアカウントがあります。

どんなことかと言いますと、

フォロワーが1万人もいるのに、

ツイートに対するいいねやコメント、リツイートが全くない

という状況です。

このアカウントには秘密がありまして、

「フォロワーを購入している可能性がある」

アカウントということになります。

質の高いフォロワーがたくさんいる人は、ツイートをするたびにかなりの反応がフォロワー数に応じてあります。

これが普通の状況なんです。

しかしながら、フォロワーを購入したアカウントは機械的なアカウントばかりなので、いいねなどがつきにくくなります。

言い方を変えると

「見た目だけ」

のすごいアカウントです。

昔はこれでも権威性を獲得することができたんですが、今は見抜ける人が増えてきましたので、質の高いアカウントが求められています。

今後Twitterをやっていくのであれば、無理にフォロワーを増やそうとせずに、質の高い発信をして質の高いフォロワーを増やしていくことが重要です。