2019年 12月 の投稿一覧

【自己紹介】私のプロフィールをお伝えします!

としひこ
としひこ

こんにちは!

こんばんは!

皆さん始めまして。

としひこと申します。

「ushijima’s blog」

を運営している人です!

私のことを赤裸々に自己紹介したいと思います。

生まれや出身地について

まず初めに私の生まれや出身地についてお話をしていこうと思います。

生まれた場所

私が生まれたのは、青森県青森市です!

雪国で有名な土地ですね。

出身地

生まれは青森県なのですが、1歳との時に埼玉県に引越しをしたので出身地は埼玉県になります。

1回目の引越し

青森県→埼玉県に引越しをしました。

当時1歳の私には記憶がありませんw

2回目の引越し

埼玉県で一番最初に住んでいたボロアパートから引越しになります。

どれくらいボロかというと築55年くらいの4畳のみでトイレが共同の風呂なしでした。

この物件から、3DKの風呂とトイレありの物件へ引越しです。

3回目の引越し

3回目も埼玉県で引越しです。

かなり近所に引越しだったのですが、今度はちょっと狭くなって2DKでした。

しかしながら、トイレと風呂はあったので助かりました。

4回目の引越し

この引越しは一番嫌な引越しでした。

中学一年生になりたての時に埼玉県から青森県へ親の都合で強制的に引越しとなりました。

当時中の良かった友達やクラスのみんなとバイバイしなければいけないということで相当泣きました。

みんなからもたくさん思い出もらいました。

担任の先生や学年主任、校長先生などに説得をされて転校になった苦い思い出です。

5回目の引越し

この引越しは何でしたのかわかりませんが、青森県から青森県への引越しです。

おそらく家賃の問題で引越したのだと想定しています。

6回目の引越し

これはいよいよ社会人になるべく、青森県から東京都への引越しです。

不安は全くなくて、とにかく早く一人暮らしをしたかった記憶があります。

7回目の引越し

結婚してからの引越しになります。

家族が増えたということで、2LDKのマンションへ引っ越しました。

人生で一番広い家だったので、感動した記憶があります。

8回目の引越し

東京都内で引越しをしました。

子供ができたタイミングで3LDKの物件へ引っ越しました。

9回目の引越し

これは3LDKの物件へ引っ越してから家族が崩壊しかけたので、一気に環境を変えるべく思い切って引っ越したものです。

これが今現在の状況です。

こうやってみると人生で9回引越しを経験しているんだなと思いますw

意外と動いてるんですね!

これまでの経歴

ここでは、私の経歴を思い出せる限り書き出します!

私がどんな人物で、どんなところに居たのかがわかる内容になってますのでよろしくおなしゃす!

自分年表

1986年 としひこが青森県に誕生日した。

1987年 親の都合で青森県→埼玉県へ。

1990年 はじめての保育園へ行く。

1992年 保育園卒園

      埼玉県の小学校へ入学する

1993年 おたふく風邪にかかり、体温が43.0℃近くまで上がり、生死を彷徨う。

1994年 慢性腎炎という病気を患う。(原因は不明)

      入院から8ヶ月経過くらいの時に人生初の手術を行う。

1995年 慢性腎炎が改善に向かい退院(小学校4年生)

1997年 小学校を卒園した。

1998年 埼玉県の中学校へ入学する。

      6月頃に親の都合で青森県へ引越し、転校。

1999年 青森県の中学校で言葉の壁に負けてしまい不登校となる。

2000年 1年間の不登校を経験した末、高校受験をするためなんとか通学するようになる。

2001年 中学校の学年担任から「お前はどんなに努力しても、不登校のブランクがあるから高校受験は失敗する。」と言われ、見返してやるために本気で勉強した。

      勉強したことが功を奏して、志望校に約1年間の勉強で合格することができた。

2002年 青森県の高校に入学する。

      ここから成績を常にトップにする目標ができる。

2004年 高校3学年で学校代表の発表会のメンバーに選ばれる。発表会はとても緊張したことを覚えている。

2005年 無事に高校卒業。

      大手上場企業へ就職。

2008年 結婚。

2011年 第一子誕生。

2016年 精神的なダメージを受け始める。

2017年 精神が限界を迎え、会社を休む。そして本格的に休職となる。

2018年 借金が増え始めたことにようやく気づく。

2019年 現在に至る。

 

ざっくりこんな感じです。

あまり恵まれた環境ではありませんでしたが、なんとか努力して生きてきた感じです。

実績やこれまでの人生について

最後にこれまで私が取り組んできた実績や人生についてお話ししますね。

ネットワークビジネス

私がはじめて会社員以外で取り組み始めた仕事でした。

最初はワクワクしながらやってましたが、途中で気づきました。

「あ、私は人と接する仕事は苦手だ」

ということ。

商品を人に勧めたりするのが苦手だったので、成果もなくフェードアウトしました。

しかしながら、得られたものもあります。

それは、自分よりステージの高い方々との繋がりです。

いまでも仲良くさせてもらってるくらいの長い付き合いになっているので、この繋がりのきっかけをくれたネットワークビジネスには感謝しています。

ネットビジネス

ネットワークビジネスをやる過程で、昔から興味があったネットビジネスも取り組んでました。

ネットビジネスで取り組んだことのあるものとして、

・アフィリエイト

・せどり

・ドロップシッピング

・海外転売

などです。

この中でも一番成果を出せたのは、「アフィリエイト」です。

私は、サイトアフィリエイトをやっていた経験があり、50サイトほど運営していました。

取り組んだ期間は1年間で、収益合計は160万円ほどです。

しかしながら、Googleのアップデートで医療系のサイトが根こそぎランク外になり終わりましたw

これもいい経験でした。

プログラミング

これはいまも取り組んでいることになります。

手をつけ始めたのは5年くらい前だったのですが、精神疾患になってからやったりやらなかったりの日が多くなり、定着せずに今に至ります。

てすが、いまはまた本腰を入れて毎日学習している状況なので、今度こそは収益化できるように取り組んでいきます。

【借金相談】「借金相談したいけど不安」という人へ!相談先はたくさんあります!【不安】

借金がどんどん増えて毎日不安な日々を送っています。

自分でもどうしてよいのかわからないし、かと言って弁護士などに相談するこも怖くてできません。

どうしたらいいでしょうか?

こんばんは。

としひこです。

今回はこのような疑問にお答えしていこうと思います。

この記事を読むことで、

1.相談先はたくさんあることを知ろう

2.相談するために準備するもの

3.勇気を出して第一歩を小さく踏み出そう

の3つを知ることができます。

なぜなら、「借金相談は弁護士事務所だけじゃないよ!」という事実をお伝えするからです。

この記事を読んでいただいた方々が「弁護士に相談は敷居が高くて無理」というイメージをもたないようにして、しっかりと相談できる環境を提供できたら幸いです。

それではいきましょう!

相談先はたくさんあることを知ろう!

『結論:相談先は弁護士事務所だけじゃない!』

借金相談しようと思ったときに、最初にブレーキがかかるところが、「相談する所」です。

テレビCMなどで「過払金」の話などをよく見ると思いますが、あれは全て弁護士事務所です。

ちょっと行くのに不安も感じてしまうと思います。

そこで、弁護士に相談するのは不安という方に相談先を複数お伝えします。

金融庁

金融庁のホームページでは、借金相談やヤミ金相談の窓口を複数掲載しています。

とりあえず全体的に知りたい場合はここのホームページがおすすめです。

https://www.fsa.go.jp/soudan/

日本弁護士連合会

ここでは、主に弁護士に相談する前段階の役割を持っています。

電話やメールで相談受付予約ができるので、一度連絡してみることをお勧めします。

https://www.nichibenren.or.jp/

日本司法書士会連合会

ここでは、弁護士連合会と同じように司法書士に相談する前段階の役割を持っています。

借金のケースに応じて掲載されている情報もあるので、自分で確かめてから相談予約をしてもいいかもしれません。

https://www.shiho-shoshi.or.jp/consulting/money/

公益財団法人 日本クレジットカウンセリング協会

ここでは、借金で困っている人に特化した相談を受付してくれています。

いろんな状況の方に対応していたり、債務整理の方法などを詳しく解説しているページもあるので、相談する前に自分で大体理解することも可能です。

http://www.jcco.or.jp/debt/

日本貸金業協会

ここでは、

・借金相談や借入の返済について

・多重債務者の再発防止などのカウンセリング

などを行っているところです。

基本的には借金相談を受け付けているところなので、自分が何をしていいのかわからない状態になったら電話してみるのもいいと思います。

https://www.j-fsa.or.jp/personal/trouble/

相談するために準備するもの

上記の相談先で動き出した人は次に必要なものがあります。

それは、

「借金相談に必要なもの」

です。

用意するもの(私の実体験)

これは、私の体験談ですが下記のようなものがあるとスムーズです。

<借金相談での持ち物>

・身分証明書

・印鑑(シャチハタ不可)

・借入会社の一覧

 →必要な情報は、

 クレジットカードであれば、

 ・キャッシングの借金残高

 ・ショッピングの借金残高

 ・月の返済金額

 銀行カードローンであれば、

 ・借入金額

 ・月の返済金額

・1ヶ月の収入と支出の詳細

・財産の有無(車や家、土地、保険など)

これらをほぼ必ず聞かれるので、事前に準備しておくと相談がスムーズに行えます。

もし準備できなかったりしていなかった場合は、かなり時間がかかったり相談を断られるかもしれません。

勇気を出して第一歩を小さく踏み出そう

借金は時間が経てば立つほど仕組み的にどんどん増えていきます。

どんどん苦しくなってきます。

無視し続けると、否応なしに返済を求められるので非常に辛いものです。

こうなる前に少しの勇気で、相談できる場所に電話やメールをすることが大切です。

私も最初は怖かった

私はどうしようもなくなって相談しにいきました。

すごく不安でした。

相談中も落ち込みながらソワソワしていました。

結果的に、弁護士費用を捻出できなかったので断られましたが相談して良かったと思っています。

なぜかと言いますと、「自分の借金と生活費を再認識できた」からです。

それまでは、どれくらい使っていてどれくらい借金があるかわかっていませんでした。

しかしながら、相談してから意識をするようになったし、自分の収支状況を把握できるようになりました。

これは大きな一歩でした。

必ず解決策は見つかります

どんな人でも必ず解決方法は見つかるはずです。

諦めずに小さな行動を積み重ねていきましょう。

少しでも借金で命を失う人が減ることを祈っています。

【返済地獄】借金返済するための解決策を知りたい方へ伝えます!【実録】

家族と自分の病気で収入が不安定になってから、クレジットカードのキャッシングなどを利用してなんとか生計を立てていました。

しかしながら、当然返済できるわけもなくリボ払いなどを使い生活費を捻出していたら、いつのまにか大変な金額に。

こうなったときどうしたらいいのでしょうか?

こんばんは。

としひこです。

今回はこのような疑問にお答えしていこうと思います。

この記事を読んでいただくことで、

1.借金返済には解決策がいくつもある

2.借金の金額によって使える方法が変わる

3.借金は少ない内に相談しよう!

の3つがわかります。

なぜなら、借金返済方法を金額に合わせてお伝えするからです。

この記事を読んでいただくことで、

「借金して人生終わりだ」

とか

「借金は恥だ」

「生きている意味がない」

などを思っていた方を救えると思います。

是非実践してみてください。

借金返済には解決策がいくつもある

借金返済は払っても払っても減らなくなります。

これはなぜかと言いますと、

『利息』という仕組みがあるからです。

そのため、頑張って支払い続けても効率が悪いので、ある程度デメリットを承知の上でできることがあります。

任意整理

この方法は、お金を貸してくれている会社と交渉して毎月の返済金額を減らすものです。

法律事務所で依頼すると弁護士が代理人として全てをやってくれます。

初期費用が1社あたり4万円ほどかかります。

とはいえ、12分割できる場合がほとんどですので問題ありません。

民事再生

これは別名『個人再生』とも言われており、借金金額の総額を約1/5に圧縮したものを3年以内に支払うことで、借金を全額返済した扱いになるものです。

資産などを奪われる心配がない方法になります。

ただし、裁判所を通しての手続きとなるため、1年ほど時間がかかります。

初期費用は、大体30万円〜40万円です。

自己破産

自己破産には、『同時廃止』と『管財事件』という2種類があります。

自己破産というものは大まかにいうと、

・借金を全額0にできる

・そのかわり財産は全て没収

・一定の職につけなくなる

・クレジットカードやローンが使えない

・税金や損害賠償金は0にできない

というものになります。

こちらは最終手段なのですが、生活費がキツキツで返済が無理な場合はこちらが適用されることが多いです。

私も弁護士にはこちらを勧められました。

自己破産も裁判所を通すため、1年ほどかかります。

初期費用は、

・同時廃止で約30万円

・管財事件で約65万円

と高額になります。

借金の金額によって使える方法が変わる

私も実は借金をしていまして、法律事務所などで借金相談をしたことがあります。

この経験から、

・借金の金額

・収入

・支出

などの条件でどのような方法が使えるのかある程度分かりますのでお伝えしていきます。

借金が900万円近くあり、余剰金が毎月15万円以上捻出できない場合(資産は無し)

この場合は、手放す資産が無くて返済することも現実的に無理なので、『自己破産』を適用することが多いです。

借金が900万円近くあり、余剰金が毎月15万円以上捻出できない場合(資産有り)

こちらの場合は、資産があるので自宅や土地などを手放したくない場合は『民事再生(個人再生)』を適用します。

しかしながら、1/5に圧縮した金額『約180万円』を3年以内に支払うことが出来ない場合は、資産を手放す『自己破産』しかありません。

借金金額を1/5のしたときに3年以内で支払える場合

この場合は、『民事再生(個人再生)』を適用します。

借金も減らせて、資産も失わないためお勧めです。

借入先や借入金が少なく、まとめることで支払いが可能な場合

この場合は、『任意整理』を適用します。

任意整理で解決できる状況が一番良いと私は感じています。

借金は少ない内に相談しよう!

私の体験談ですが、

「借金は少ないうちに相談する方がよい」

ということがわかりました。

自転車操業していると、あっという間に借金が増えます。

借金が増えると法律を駆使しても選択肢が少なくなるので、早めの行動がお勧めです。

支払いが出来なくなる前に、無理だと思ったら法律事務所にすぐ相談してください。

私は、自転車操業した期間が3年ほどあって、気づいたら1000万円近く借金が出来ていました。

これでは、自己破産することしか方法がなくなる可能性が高くなるのでお勧めしません。

借金で苦しんでいるなら、すぐに相談しましょう。