1000万円多重債務者がブログで返済しようとした結果w

としひこ
としひこ

過去の自分がやってきた「ブログで借金返済」の経験をお話しします!

借金返済のためにブログを始めたって本当?

としひこ
としひこ

本当なんですけどこれしかやれることなかったんですw

なるほどなるほど。結果がどうなったか気になりますね。

としひこ
としひこ

わかりました。気になると思いますので、ブログで借金返済がどうなったのか教えましょう!

1.1000万円の借金をブログで返そうとした結果

借金が約1000万円になったことに気づいた時からようやく「稼ぐ」必要性を感じたんです。

最初は何をしようか悩んだのですが、ブログで稼ぎやすそうだということで始めたんです。

「で?稼げたの?」

としひこ
としひこ

「いやwまったく稼げなくて、支払いが間に合わなかったの!」

「やっぱりね!で、そのあとはどうしたの?」

としひこ
としひこ

ブログでなかなか稼げなかったんですけど、短期間では成果が出ないと思ったのでそのまま継続しました。約300日間かなー?

でもね、成果出なかったんです。

「そうなのっ!借金返済なんて程遠いね」

としひこ
としひこ

「そんなこと言うなよ」

約1年頑張ったのですが成果出なくて一度諦めました。そして自己破産という道へ。。。

2.借金返済にブログは向いてない

私の経験上、借金返済にブログは向いていないと感じました。

なぜなのか?

それは、「即金性が低いから」です。

すごくマーケティング上手い人がブログをやればもしかしたら1ヶ月である程度の成果が出せるかもしれませんが、そんなひとが借金に困る確率は低いです。

ブログでもし借金返済を目指すなら、バイトをするか物販とかの即金性が高い副業がよいのかなと思います。

3.借金を減らすことが先

最後に、稼ぐことよりも何が一番大切なのか?

これを考えた時に分かったことがあります。

「大切なことってなに?」

としひこ
としひこ

「それはね、借金を減らすことが先ということだよ」

「なるほどね。そもそも借金が多いんじゃ話にならないってことか。」

としひこ
としひこ

「そうそう。いくら稼いでも、借金が多かったら足りなくなるからね」

稼ぐことも大切なのですが、まず初めに借金を減らすことを優先しましょう。

借金が減れば支払いが減るので、ブログで稼いだりする時間が確保できるからです。

時間的余裕と精神的余裕がないと副業ってなかなかうまくいかないのも私は経験しているので、少しでもゆとりを作っていただけたらいいかなと思います。

 

【無駄なんてない】MLMの経験が無駄にならない理由を解説

MLMを過去にやっていました。ですが、借金だけが増えて何も得られませんでした。私の選択は間違っていたんだと後悔しています。

としひこ
としひこ

MLMを過去に経験していて、成果もなくフェードアウトしている人のほとんどは「失敗」や「後悔」しか残っていない場合が多いです。

でもね、実際はそんなことないんです。

少し考え方を変えるだけで、MLMの経験は無駄じゃなかったと思えるはずです。

1.無駄と感じる理由

無駄に感じる理由は大きく二つあります。

①借金だけ残った

②MLMで成果が出せなかった

と言うかんじです。

「お金かけたのにお金稼げなかった」

「借金しか残らなくて最悪だ」

「時間だけがすぎていった」

というマイナスなことばかりに目がいっている可能性が高く、無駄だなと感じてしまっているはずです。

でも、本当に全てが無駄なのでしょうか?

2.無駄にならない理由

MLMの活動が全て無駄の一言でかたづけられるものではありません。

無駄ではない理由は、3つ。

①MLMについて勉強したこと

②MLMを通じて人と繋がれたこと

③一つのことに打ち込める自分に出会えたこと

これだけで十分大きなものを得ています。

失敗なんかじゃないと思います。

とくに、「人との出会い」はかけがえのないものです。私も8年前に出会ったみんなの今でも関わりがあります。

しかも、みなさんオーナーとか社長さんになられてます。このような人と一般的な会社員が繋がれる確率はめちゃくちゃ低いです。

普段つながれない人との繋がりを作れる時点でMLMは有益だと私は判断しました。

結局は捉え方次第なので、「無駄」と思えば無駄。「有益」と思えば有益なんです。

きっと得てるものがあるので一度振り返ってみることをおすすめします。

3.まとめ

今回はMLMの経験についてお話ししました。

まとめると、

①経験は無駄にならない

②考え方しだいで変わってくる

③本当に無駄だったのか振り返ってみよう

です。

MLMは日本でいいイメージがないため、マイナスな要素が先行しますが、「自分がどう思うか?」という視点を大切にしてください。

これからMLMを始める人がいたら、少しでも参考になると幸いです。

【借金の理由】MLMをやった人が借金で追い込まれてしまう理由をお伝えします

MLMに興味を持ったので色々調べていたら、借金の原因となることが多いって知りました。実際にMLMでは借金をしたという人もSNSで見かけるので、ちょっと怖いです。なぜ借金になるのか知れたら嬉しいです。

としひこ
としひこ

MLMを始めてから多くの人が借金をかかえてやめてしまうこの事実について、私が実際に聞いたはなしをわかりやすくお伝えしようと思います。

1.MLMは借金をしないとできないのか?

MLMは借金をしなくても活動できます。

ただ、仕組みとして初期投資をした方がビジネスとしてはうまくいく可能性が高くなりますよって話が多いですね。

このビジネスは日用品などを販売する流通ネットワークを大きくすることが仕事なので、自分が使っていない商品は売れるわけがないんです。

使ったこともない人から

「この商品めっちゃいいんです」

って言われても怪しさしかないですよね?w

だから、初期投資で必要な商品を購入する人が多いんです。

MLMの会社によっては、50万円〜一括購入する場合もありますね。

私も貯金を使って商品全部購入してから始めた人です!

しかしながら、安い日用品を購入してそれだけをお勧めするのであれば借金や大きな初期投資は必要ないので、借金しなくても活動はできるというのが事実です。

2.借金するやり方は間違っている

なぜ借金をしてまで活動をするのか?

これは、自分が所属するグループによるんですが、成果ばかりを求めるグループはとにかく購入して、成果出して自分のグレードを上げて影響力をつけるようなやり方をしています。

表面上はすごい人に見えるんですが、裏側は自転車操業です。

しかもこれって、流通ネットワークを作るということから大きく逸れているため、長く続きません。

だから、借金を強制するようなグループであれば速攻でやめるべきですね。

借金だけをするMLMのやり方は間違っています。

断言します。

3.まとめ

MLMと借金の関係性についてはなしをしてきました。

話の内容をまとめると、

①借金をしなくても活動できる

②初期投資を大きくできた方が成功しやすい

③自分の気に入った商品だけで活動もできる

④借金を強制するやり方は間違っている

⑤借金してMLMは長く続かない

と言った感じです。

これからMLMを始めようと思っている人はどこの会社であっても大きな初期投資をするために借金しないとできないのであれば、やめましょう。

ブログとか動画とか無料でできることから始めましょう。

無理して大きなお金を支払う必要はありません。

どうしても始めるなら借金しないでスタートしましょうね。

MLMで借金を背負う人が一人でも減ることを祈ってます。

【大丈夫?】未来に投資するための借金は正解なのか?

借金は未来への投資だって聞くことがありました。この話を信じて新しいことにチャレンジしようと思っています。未来への投資のために借金するのっていいと思いますか?

としひこ
としひこ

新しいことを始めようとしたり、副業をやろうとするときにこんな話聞きませんか?

「未来へ投資するための借金は良い借金だ」

としひこ
としひこ

これについて私の経験を元にお話しさせていただきます。

1.未来への投資に借金は必要ない

結論から話すと、

「未来への投資に借金は必要ない」

ということです。

そもそも借金をして未来への投資する理由をしっかりと考えるべきです。

①借金しないとできないことなのか?
②借金を超える収入を確実に作れるのか?
③自分への甘えなのではないか?

などです。

副業であれば借金は必要ありません。

費用をかけずにスタートして収益を得ることに専念した方が良いです。

未来への投資のために借金をすることはおすすめできません。

2.借金が必要な投資について

では、どのような場合に借金が必要なのか?

これについてもお話しします。

借金が必要な投資は、

「資産への投資」

です。

わかりやすくいうと、「お金を生み出すものへの投資」ですね。

投資しだ時点で利益が出る可能性の高いものであれば借金しても良いかなーと思います。

ただし、借金をする理由を明確にする必要があります。

例えば、

手持ち資金100万円だとリターンが10万円。

だから、借金して1億円借りることでリターンを1000万円にしたい。

みたいな感じです。

投資資金を増やすとリターンが大きく増える見込みがあるのでしたら、借金するメリットはあるかなと思います。

3.まとめ

未来への投資に借金は必要なのか?

というテーマでお話ししてきました。

まとめますと、

①副業レベルなら借金はNG

②費用0でできることを始める

③資産を買うための借金は条件付きでOK

といった感じです。

「借金怖くて何ができる?」

みたいな話もありますが、半数以上の人借金の力に負けます。

私も負けました。精神をすり減ります。

だからこそ、余計な心配がない状態で副業に取り組んだ方が建設的なので借金をしないような未来への投資を心がけてもらえたらいいなと思います。

【触れるな危険】リボ払いに潜む悪魔のささやきとは?

リボ払いを初めて知ってから便利だなと思い使おうか悩んでます。

でも、リボ払いで破産した人とかいるらしいから少し怖い。実際にどうなんでしょうか?

としひこ
としひこ

クレジットカードで良く目にするリボ払い。

これは便利な反面相当な自己管理能力がないと危険なサービスなんです。

私の経験談を元にリボ払いについてお話ししていきます。

1.リボ払いは甘いささやき

リボ払いがなぜ甘いささやきなのか?

①毎月の支払いが少なくて済む

10万円分買っても毎月1万円の支払いなら「これくらいならいいか」と思って購入しますよね?

近い支出が少ないと大きな買い物も「小さな買い物」として勘違いしやすくなります。

②お金が増えたように感じる

リボ払いにより最初はクレジットカードの引き落としが少ないため、収入の方が多くなりお金が増えたように感じることがあります。

こうなると増えたと感じた分をさらに浪費することになりやすいです。

③普段買えないものが買える

ここが一番大きいと思うのですが、収入以上の買い物が簡単にできてしまうということです。

例えば、50万円の自転車を買おうとしたら100万円くらいの月収がないとなかなか購入できないと思います。

しかし、月収20万円でもリボ払いを使えば余裕で50万円の買い物ができてしまいます。

だって、来月の支払いが1万円とかなんですからw

このように収入以上のものを簡単に買えてしまうという罠もあります。

2.リボ払いが危険な理由

リボ払いが危険な理由は、

「借金をしている意識がなくなる」

ことです。

リボ払いは言い換えると「借金」と同じなんです。

でも、これを理解していない人がめちゃくちゃ多い。「ローンは借金だけどリボ払いは分割払いだからいいね」という人も多いです。

このような勘違いからだんだんとお金を奪われていくようになります。

わかりやすくいうと、1000円の買い物をリボ払いして、返すときに1180円になって支払う感じです。

こういう例えをすると「え?それならリボ払いお得じゃないやん」って思いませんか?

これが高額になると立派な借金になるんです。

このような理由から、「リボ払いは危険」という話でした。

3.まとめ

リボ払いの正体がわかりましたでしょうか?

「自己管理できるならリボ払いしてもいいんでしょ?」

こんな風に思う人もいますが、自己管理できるならそもそもリボ払いしないんですw

今回お伝えした内容を整理すると、

①リボ払いは支払いが少なく手持ちが増える

②お金が増えたと勘違いするひと続出

③リボ払いは借金と同じ

といった感じです。

リボ払いというシステムはすごく便利なんですが、しっかりと仕組みを理解して使うことをおすすめします。

【ケチは正義】お金持ちが節約をしている理由

節約が大切だってよく聞きますが、なんででしょうか?

少ししか節約できないことに対して無駄な努力だと感じてしまいます。

としひこ
としひこ

節約について「そんな小さなことやって意味あるの?」と思う人も少なからずいると思います。

しかーし、この小さな積み重ねが大きな変化となる理由をお伝えします。

お金持ちが節約をしている理由も同じなので、お金に困りたくない人は必見です!

1.お金持ちがケチな理由

お金持ちの人は散財してるイメージが一般的にはあるとおもいますが、実際には意外とケチなんですw

「え?そんなところも節約するの?」

みたいなことが多いんですよ?

これはなぜかと言いますと、理由は3つあります。

①無駄を徹底的に排除するため

②固定費を下げるため

③節約で作った資金を自分へ投資するため

この3つ。

節約をしないで浪費してる人は、その場で消えてしまうものにお金を使ってしまい、大きな変化は起きません。

しかし、節約している人は捻出された資金を自己投資へ使うので周囲と差がついてきます。

節約の習慣が長くなればなるほど差がつくので、お金持ちの人はさらにお金を手に入れるということになるんです。

お金持ちになりたい人は、「良いケチ」になることをおすすめします!

2.節約が大きな変化を生む

節約することで「人生に大きな変化」を与えてくれます!

理由としては、

①使えるお金が増える

②必要なもとの無駄なものを選択する力がつく

③節約のコツをコンテンツにして発信できる

です。

普段の生活手間節約するだけで大きな変化になるんです。

「家賃を下げよう」

「光熱費を下げよう」

「毎日のペットボトルをやめよう」

とか普段してることを意識するだけで小さなゆとりができます。

小さなゆとりが積み重ねにより大きな変化になるので、是非実践してみてください!

3.まとめ

お話しした内容をまとめと、

・お金は節約をする

・必要なことにはケチではない

・小さな節約が大きな変化を生む

・捻出された資金が自己投資する資金になる

です。

節約って面倒だし、やる意味を感じないこともあります。

でも、みんなが「嫌だな」と思うことだからこそ、やると差がつきます。

毎日の小さな差が1年後、10年後に大きな差になりますので、未来を信じてやっていきましょう!

借金の常識が変わる考え方!

借金て一般的に悪いイメージしかないと思うのですが、良い借金もあると思います。でも本当にそうなのかなって不安になることもあるし、実際はどうなんでしょうか?

としひこ
としひこ

良い借金と悪い借金について解説します。

借金って一般的にイメージ悪いと思います。

でも、世の中には借金で経済が成り立っている部分もあります。

これってよくよく考えるとどうなんだろうって疑問を持つ方もいると思います。

1.借金って悪いの?

借金は良い面も悪い面もあります。

借金って聞くとイメージ悪いですよね。

私も借金してから最初はもう人生の半分は終わったと思ってましたw

でも、借金って使い方によってはすごく良いツールになります。

逆に浪費するだけならイメージ通りの借金になりますね。

2.借金しても良い事例

良い借金の例を挙げるとすると、

①自己投資のための借金

これが良い理由は、誰にも奪われないものだからです。

借金して得た知識や経験はたとえ自己破産しても奪われるものではないので失うことはないです。

使った分だけ自分の糧になるものは良い借金と考えています。

②事業拡大のための借金

事業拡大にための借金は世の中の企業がよくやっているものです。

事業拡大や新規開発、新サービス開発などをするための初期投資として借金をするので、借金以上のリターンがあれば良い借金となります。

リターンが少なくても、だめだった事例を蓄積できるので結果的に良い借金になると考えます。

③人を助けるための借金

個人的にこれができる人は相当すごいと考えます。

人助けのために借金をすることで、信頼を蓄積できると考えます。どんな人でも助けられたりしたらその人に悪いイメージはなくて、恩返ししたいなと思うことが多いはずです。

これは返報性の原理の通りです。

3.借金の考え方を改める

この記事でわかっていただきたいことは、「借金は悪いものではない」ということです。

なんでもそうなんですが、使い方次第。

浪費するだけなら借金は増えるだけ。

投資のために借金するならリターンが多くなる可能性が高いので良い借金になりやすい。

自分が今している借金はどっちの借金なのかをよく考えることがこの先をよくするコツだと思います。

【自分でやること】自己破産手続き中にやるべきこと3つ

自己破産って内容はわかったけど、弁護士さんに依頼したあとは何もしなくていいの?

何すればいいの?不安だなぁ。

としひこ
としひこ

自己破産手続きを開始しようとしているけど、どんなことがこの先待ってるのか不安な人が多いと思います。

そこで、自己破産手続き中に自分でやることをお伝えします。

1.自分でやることは結構多い

自己破産手続きを開始してからやることを3つのポイントにまとめました。

〈自分でやること〉

①申立書の作成(ボリュームあり)

自分でやる中でこれが1番時間かかります。

・破産手続き開始免責申立書

・債権者一覧表(弁護士さんが作ってくれることもある)

・財産目録一覧

・財産目録詳細

・家計全体の状況

・陳述書報告書

・上申書

・自由財産拡張申立書

・財産目録(自由財産拡張用)

・自動車など受領書

・転居等許可申立書

ざっくりこれくらい必要です。

人によって必要のない部分もありますがほぼ全部必要ですね。

②借金してる会社を再確認

債権者一覧表を作成するのに必要な工程です。

自分がお金を借りてる会社を全て書きます。

もちろんスマホ代やインターネット、新聞なども支払いを滞納しているなら記載することで全て破産対象になります。

思いつくものは確認してメモに残しましょう。

③直近2ヶ月の生活費を記録

家計全体の状況報告をするために必要です。

収入はいくらで、食費や家賃、光熱費はどれくらいなのか?

そのほかにも項目があります。

ここで不必要な支出があると問題視されるので払いが止まっていてお金が余ってきても使わないようにすることをおすすめします。

2.待ち時間も結構長い

今まで説明した資料を作成して弁護士さんへ送付すると、弁護士さんが内容を全て確認して清書してくれます。

内容に不足があったり、確認事項があると連絡が来るのでその都度対応します。

裁判所へ書類提出が終わると、そこから2ヶ月から3ヶ月ほどかかります。

裁判所への出廷要請もあります。

私はコロナウィルスの影響で、裁判所へ行くことはなかったのですが、手続きが大幅に遅延したことにより1年近くかかりました。

人により状況は変わってきますが、半年くらいは見ておいた方がいいですね。

3.1番大変だったこと

自己破産手続きの中で私が大変だったと思うことを下記のように記します。

①所有している銀行口座の履歴2年分

これがなんだかんだで1番苦労しました。

ネット経由でしか使うことがなかったので、通帳が見つからず提出できない問題が発生してました。ネットからだと履歴は1年も遡ることができない銀行がほとんどなので、わざわざ通帳再発行して、有料の履歴照会をするなどの対策をとりました。

お金も時間もかかったので、通帳がある方はまとめておく事をおすすめします。

②借り入れしている情報の詳細集め

借り入れしている銀行やカード会社のローンやリボ払い、未払金などの残高を細かく提出しないといけません。

詳細な金額を提出しないと資料にならないので、借入先が多いほど集めるのに苦労します。

私の場合は、まずどこから借りているのか?どうやって金額を確認すれば良いのか?という部分からスタートだったのでかなり苦労しました。

借り入れも最終的に15社だったので、相当大変でした。

③家族にバレないように書類作成

1番ストレスを感じたのが「申し立て書類作成」です。しかもバレ内容に作るということ。

私は自宅だと厳しかったので、会社の昼休みにスマホで作成したりパソコン持参で隙間時間に作成などしておりました。

打ち明けられることが1番望ましいのですが、そうじゃない人も多いと思うので、うまく時間を作って作成する事をおすすめします。

【想定外の人生】自己破産って響きだけで恐怖感じてない?

自己破産した後の生活はどんな感じになるのか?

メリット、デメリットが知りたい。

としひこ
としひこ

自己破産した方が良いと言われた方向けの記事になります。

正直言って、私が自己破産になるなんて思っていませんでした。

としひこ
としひこ

なんとか返せるだろうって思ってて、借金1000万円。

ほんと感覚って適当ですねw

とまぁつらつら書きましたが、経験をもとにお話をさせていただければとおもいます!

1.自己破産って言葉は怖い

「自己破産」って言葉めちゃくちゃ怖いですよね。

なんかすごく悪いことした気分になります。

(実際悪いことなんだろうけどさ…)

でも、国が定めてくれた民事再生の手段の一つかので堂々としてていいと思うんです。

自己破産したら人生終わりって思う人もいると思うけど、経験した私からくればそんなことはなかったです。

だから、聞こえは怖いけど「自己破産」は全然怖くありません。

2.自己破産は救世主

自己破産はあなた人生の救世主になります。

簡単にメリットとデメリットをお伝えしておくと、

〈デメリット〉

・クレジットカード作れない

・官報にのる

・会社によっては社内の人にバレるかも

・借金できない

・スマホの分割購入不可

・現金メインの生活になる

〈メリット〉

・抱えてる借金全部無くなる(税金などは除外)

・生活にゆとりができる

・借金苦からの解放

・人生リスタートできる

・自己破産の経験が糧になる

・お金を払って得た経験や知識は無くならない

こんな感じ。

とりあえず知り合いとかにバレるのは嫌だけど、ほぼバレません。

官報って国の機関が発行してる読み物は、金融機関の人とかが見るもので一般の人は存在すら知りませんからw

でも、100%バレないというのは現実的には無理ですけどね。

私も会社のクレカの影響で会社全体にバレるところまで来てますし。

これは自己破産後に判明したことなんですけど。。。

でもね、「それがなんだって言うんだよ。」って強い気持ちで過ごすようにしてます。

(そうじゃないと心もたない)

3.想定外の人生になる

自己破産をするとその前とでは想像もつかない人生が待ってます。

どれくらい違うかと言うと、砂糖と塩くらい違います。(例え下手か….)

自己破産前は月に支払いが50万円から60万円くらいでした。

でも、収入は20万円くらいw

完全にマイナス。

どうやって過ごしてたかと言うと、自己アフィリエイトというもので簡単に稼げるのでクレジットカードを大量に作成してました。

その作ってたカードを毎月毎月上限まで使って生活費を捻出。

支払いはもちろん遅延してしまうし、支払いの目処は立たないけど「払いますっ」てカード会社の人に言うw

毎日のように督促の電話が法律ギリギリの回数かかってきます。

(時間帯とかも制限があるので、変な時間にはかかってこない)

借金でノイローゼってたしかにあり得るってこの時感じました。人生終わらせたいなーって何度も思いました。

でも、家族いるし何とかしたいって思って自己破産を決意。

弁護士さんに依頼してからは、2週間くらいで全ての会社からの督促はピタリと止まりました。

(本当に久しぶりの静けさ。)

そのあとから免責許可決定(借金無くすの認めますっていう通知)が決まるまで1年くらいかかりましたが、本当に嬉しかった。

1000万円が0円だもん。

毎月の給料なんて楽しみじゃなかったもん。

それが普通に楽しみになるし、少しだけ趣味に使えるし、家族に胸張って還元できる。

借金苦からの解放は経験しないとわからないけど、本当に変わります。幸せな方に。

だからこそ、迷っていたら決断をはやめた方が良いです。

遅くなると色々と面倒なこともあるし、余計な費用もかかります。

払えなくなる前に一度でもいいから、弁護士事務所へ相談に行きましょう。

【手遅れになる前に】個人再生手続きで自己再生する方法

借金の金額が大きくて個人再生で債務整理をしようと思っています。

しかしながら、初めてのことなのでどうやってスタートしたらいいのかわかりません。

としひこ
としひこ

ここの記事を見ているということは、借金状況がかなり悪く返す計画も厳しいと察します。

しかし、この記事を読んでいただくことで個人再生手続きによりリスタートできるはずです。

よかったら最後までご覧ください。

1.個人再生について簡単におさらい

個人再生手続きは、借金総額の1/5〜1/10まで減額することができる制度です。

しかも、マイホームや支払いが終わっている自己所有の車などの資産を手放す必要もありません。

これが個人再生です!

個人再生手続きは原則3年以内に返済しないといけないため、月収がある程度ある人じゃないと厳しいという特徴もあります。

個人再生を選ぶ人は借金が1000万円から2000万円ほどある人が多い傾向です。

デメリットももちろんありますが、借金減額の恩恵を受けれるので気にならないはずです。

2.個人再生手続きの流れ

無料相談に申し込み、最寄りの弁護士事務所へ行きます。

個人再生手続きで進めたいと話をしていきます。

弁護士の判断で自己破産が良いという場合もありますので、そこは債務状況や資産状況により変化します。

個人再生を弁護士に依頼したら、ここからがかなり大変です。

「再生計画案」のようなものを作成する必要があります。簡単に言うと本当に返済を進めていくことができるのかを細かく決めた書類です。

弁護士さんが作成してくれるのですが、提供するべき書類や情報が多いため、結構大変です。

裁判所に申し立てを行うことと並行して、債権者との交渉もあるため、半年から一年ほど手続きにかかります。

その分、弁護士費用も70万円前後かかるのでデメリットかなと思います。

ただ、手続きの依頼をしてからはほぼお任せなのでお金のしがらみから少しは解放されるはずです。

3.個人再生した後の生活

個人再生手続きが完了してからの生活は、昔よりも返済額が少ないため過ごしやすいはずです。

しかし、返済が遅れることは許されないため無駄遣いなどをしないように慎重に生活することをお勧めします。

「借金減ったから少し派手にやるか」

とか言う人が意外と多いのですが、これをやってしまうと昔の借金生活へ逆戻りする可能性が高まりますので本当に注意した方が良いです。

生活を改めて完済まで頑張りましょう!